今から日本に「天才起業家」ひしめく時代が来る

藤野英人「起業界の藤井聡太や大谷翔平が続出」

「ベンチャー企業界の‶藤井聡太”や‶大谷翔平”がまもなく出現する」と予言する、レオス・キャピタルワークス会長兼社長の藤野英人氏(撮影:今井 康一)
レオス・キャピタルワークス会長兼社長で、成長企業株を的確に選択した高利回りの「ひふみ投信」の運用責任者として個人投資家の圧倒的な支持を集める投資家の藤野英人氏。
8000人の企業経営者に会ってきた藤野氏は江副浩正を「起業のボス」と呼ぶ。そして江副浩正のDNAを受け継ぎ「軽々と世界の壁を越えるベンチャー企業界の‶藤井聡太”や‶大谷翔平”がまもなく出現する」と予言する。
どういうことか、『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男』を上梓した大西康之氏が詳しく話を聞いた。

江副浩正は「起業のボス」である

――藤野さん自身も野村投資顧問、ゴールドマン・サックス・アセットマネジメントなどを経て2003年に起業し、その後は投資家として活躍されています。起業家と投資家の2つの視点を持つ藤野さんから見て、江副浩正とはどんな人物ですか。

『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男』は、発売1週間で3万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

リクルートをつくったという意味では「起業の天才」ですが、私の中では「起業のボス」というイメージが強いですね。

日本のベンチャー企業で、彼が育てた人、あるいはリクルートを巣立った人がどれだけ活躍しているかを見ればわかる。起業家の数で見れば元リク(リクルート出身者)が圧倒的でしょう。

元リクの会社は人材系、IT系、不動産系、そしてサービス業全般と多岐にわたりますが、彼らが経営する会社の株価や業績のパフォーマンスは突出しているんです。そして「リクルート事件」を経験しているからかもしれませんが、不祥事が少ない。

起業家を最も多く輩出した会社というだけではありません。楽天、ソフトバンク、ヤフーの中でも多くの元リクが活躍している。

次ページリクルートが優秀な起業家を次々と輩出するワケ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT