5年で時価総額を爆上げした優良企業【動画】

「会社四季報」データを基に徹底分析

「時価総額」という概念をご存じでしょうか?

企業の買収価格は時価総額をもとに決まる

いわゆる会社の価値、値段を示す指標です。よく「A社がB社を買収する」
といったニュースを目にしますが、このときの買収価格は時価総額をもとにして決まります。

上場企業なら時価総額は簡単にわかります。株価と発行している株式の数を掛け合わせるだけなのですが株価も株式の数もつねに変わるので、会社の値段は“時価”なのです。

『会社四季報』(2021年2集春号、東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

会社の値段は上がったり下がったりしているわけです。特に影響するのは株価。儲かっていたり、はやりのサービスや製品を出している会社は株価が上がりやすくなります。株の数を減らした会社も株価が上がりやすいです。

そんな時価総額を大きく増やしているのはいったいどんな会社なのでしょうか?

東洋経済新報社が発行する『会社四季報』のデータを基に徹底分析。動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:小澤麻衣)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT