「四季報」夏号で判明!コロナ禍で躍進した企業

コロナ前より営業益を増やした会社ランキング

最新版『会社四季報』ではコロナの感染拡大中でも急成長した会社をランキング(撮影:今井康一)

日本でも新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、感染者数の減少へ明るさが見え始めている。6月18日(金)に発売した『会社四季報』2021年3集夏号では、コロナ禍を克服しつつある企業の実態が鮮明となった。

四季報予想を集計した結果、今期(2021年4月期~2022年3月期、対象3453社)の予想営業利益は前期比12.5%増の見通しとなった。前期に投資先の評価益が急膨張した反動から、大幅減益予想のソフトバンクグループを除いたベースで比べると、前期比33.7%増とさらに増益率は拡大する。

見出しランキングもポジティブに

そうした状況は記事の見出しランキングにも端的に表れている。最も多かったのが、業績回復を示す【反 発】。ネガティブな見出しは、特需の反動減などの影響で【反 落】が2位に入ったが、【上向く】【復 調】が3位、4位を占めた。また前期の赤字から黒字への転換を表す【浮 上】【黒字化】も6位、7位になった。

『会社四季報』(2021年3集夏号)は6月18日発売。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

業種別では、空運が連続赤字、建設業と電気・ガス業が連続減益の予想。また前期に黒字転換した石油・石炭製品は小幅減益、ソフトバンクグループが含まれる情報・通信業も減益見通しとなる。一方、前期に赤字転落した陸運業は黒字転換。残り25業種も営業増益の見通しだ(銀行業、保険業を除く)。

上場市場別に見ると、今期の業績予想がいいのは新興市場(1部、2部、ジャスダックを除く市場)である。新興市場(344社対象)は、コロナの悪影響を受けにくく、むしろDX化などを追い風にする企業が多いため、営業利益は436.5%増と急伸する見通し。東証1部(2000社対象)の同12.0%増と比較しても好調ぶりが際立つ。

四季報では毎号、ランキング特集を組んでおり、今号ではその一つとして「コロナ前からの営業増益率ランキング」を作成した。

次ページ成長を牽引した、手放せなくなったあの商品
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT