ストロング系チューハイの「光と影」【動画】

精神医療の現場で問題視されるのはなぜか

人気が高まるアルコール度数9%の「ストロング系チューハイ」。安く手軽に酔えることが受けて売り上げを伸ばしています。

アルコール依存症のリスクも

アルコール市場全体の縮小が続く中、数少ない成長市場なのです。

画像をクリックすると『週刊東洋経済プラス』の連載「ストロング系チューハイの是非」一覧にジャンプします

一方で、市場拡大に伴ってアルコール依存症のリスクも指摘されています。いったい何が問題なのでしょうか。

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済プラス』の連載「ストロング系チューハイの是非」から一部を動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生の際は音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井佐和子、撮影:尾形文繁、今井康一)。画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT