4月に猛烈台風が生まれた今年、警戒すべきこと

発信始まる「線状降水帯に関する情報」に注目

気象衛星から見た2021年の台風2号(出所:weathermap)
この記事の画像を見る(6枚)

まだ4月にもかかわらず猛烈な勢力にまで発達し、4月としては統計史上最も低い気圧を記録した台風2号。

4月25日には温帯低気圧に変わりましたが、なぜここまで発達したのでしょうか。

4月なのに「猛烈な」台風になったワケ

台風2号は西太平洋のカロリン諸島に4月14日に発生し、3日後の17日に猛烈な勢力になりました。台風の勢力は最大風速で区分されていて、「猛烈な」台風は風速54メートル/秒以上です。18日には、台風2号の最大風速は60メートル/秒になっていました。時速に換算すると、216キロメートルです。

台風2号の進路図(出所:weathermap)

(外部配信先では図表を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

また、台風が発達するほど中心付近の気圧が下がりますが、18日には895hPa(ヘクトパスカル)となりました。900hPaを下回るのは、2016年以来で5年ぶりです。

今年の台風1号は2月18日に発生しました。

台風は1年を通して発生する可能性があり、4月の台風発生数の平年値は0.6個です。

1951年以降の4月に発生した台風の中心気圧は980〜989hPaまで下がった数が最も多く、900hPaくらいまで下がるのは珍しいです。今回の台風2号の895hPaは、4月としては最も低い記録を更新しました。

次ページここまで発達した理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT