音楽通以外も知ってほしい「黒人と歌」の苦闘史

ロック、R&B、ヒップホップの源流は黒人音楽

ここで再び、黒人たちの音楽へ話を戻しましょう。

ブルースのミュージシャンたちの噂を聞きつけた白人たちは、彼らの演奏を録音してレコードとして発売しました。ポーランド移民であるレナード・チェス、フィル・チェスの兄弟が1950年に設立したチェス・レコードも、ブルースをはじめとする黒人音楽を手がけ、マディ・ウォーターズやチャック・ベリーの主要なレコードを出しています。

しかし、黒人たちの音楽はレイス・ミュージックと称され、白人たちの音楽と差別的に分けられていました。そのため、レコードとして売られるといっても、黒人たちの音楽は主に黒人社会のあいだで楽しまれるものでしかなかったのです。

テレビ放送の開始で、ラジオの枠が与えられた

テレビが一般的に普及するまで、ヒット曲はラジオで放送されることで作られるものでした。1941年にアメリカで白黒テレビ放送が開始され、経済的余裕のある白人たちがテレビを買うようになり、わずかですがラジオの需要が下がります。

『戦いの音楽史 逆境を越え世界を制した20世紀ポップスの物語』(KADOKAWA)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

すると、ラジオの空いたチャンネル枠が黒人に与えられるようになり、黒人音楽の番組が作られるようになりました。その結果、白人のなかにも黒人音楽を好む人たちが出てきて、レコードも売れるようになっていきました。

1949年に、レイス・ミュージックは、「R&B(リズム&ブルース)」と改名されて、黒人音楽のヒットチャートができます。すると、黒人たちのあいだでも、ヒット曲という概念が浸透し始めるのです。

R&Bは現代でも人気ジャンルの1つですが、具体的にはどのような音楽を指すのかイメージしにくいかもしれません。ただ、こうした黒人音楽の流れを踏まえると、「黒人のポップス=R&B」ととらえてよいと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT