音楽通以外も知ってほしい「黒人と歌」の苦闘史

ロック、R&B、ヒップホップの源流は黒人音楽

ソウルの代表的な歌手としては、“クイーン・オブ・ソウル”、“レディ・ソウル”と称されるアレサ・フランクリンも挙げられます。1961年のデビュー当時はかなり甘めのポップスを歌っていましたが、その後ソウルに転向し、ゴスペルをベースにした力強い歌声で世界的な成功を収めました。

ヨーロッパ各地から移民たちが持ち込んだ音楽と、土着の音楽が混ざり合った「フォーク」は、白人たちだけの音楽というわけでなく、黒人たちも歌っていました。

その1人、レッドベリーはフォークの数多くの曲を知っているうえに、ブルースやゴスペルなども歌うことができ、“生きるジュークボックス”とも称されています。また、12弦ギターが上手く、ピアノ、マンドリン、ハーモニカ、ヴァイオリン、アコーディオンも演奏しました。

1933年、殺人未遂罪で服役中だったレッドベリーは、フィールドワークで民謡収集をしていたアラン・ローマックスと、その父ジョンと出会います。ローマックス親子は、彼にフォークを演奏してもらって数多くの曲を録音しました。これは、口承で伝わってきたフォークが、ついに音源というかたちで記録された偉大な出来事といえます。

ロック史においても、レッドベリーは最重要人物で、彼の音楽はのちにピート・シーガー、ウディ・ガスリー、ボブ・ディランに影響を与えていきます。

ビートルズに大きな影響を与えた「カントリー」

アパラチア山脈地方に入植した、イングランドやスコットランド、アイルランドからの移民たちが楽しんでいた音楽からも、1つの音楽ジャンルが生まれています。当初はアパラチアン・ミュージック、マウンテン・ミュージックと呼ばれていたその音楽は、1940年代になると「カントリー」と称されるようになりました。

1950年代後半から1960年代に活躍した兄弟デュオ、エヴァリー・ブラザーズは、カントリーの伝統であるハモリのテクニック「クロース・ハーモニー」を継承し、美しいハーモニーを聴かせました。

それは、ビートルズにも影響を与え、ポール・マッカートニーは、彼らを「ビートルズに最も大きく影響を与えた人たち」と評しています。

次ページ黒人と白人の音楽は差別的に分けられていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT