極右ユーチューバーが明かす「バズらせる手口」

アルゴリズムを味方に付けた男の自慢と後悔

極右ユーチューバーの動画制作を手伝っていたロバートソンが初めてバズらせていた手口を語った(Alexander Ingram/The New York Times)

極右活動家のトミー・ロビンソンは2018年、ローマでアフリカ系移民に攻撃されたとする動画をユーチューブで公開した。

宣伝用のサムネイル画像と8単語から成るタイトルは、ロビンソンが駅の外で黒人男性に襲われたと思わせるものだった。そして動画の中でロビンソンは、男性の顎を殴り、地面に倒れ込ませていた。

動画は280万回以上再生され、イギリスのあらゆる右派タブロイド紙で話題となった。ロビンソンの悪名は、その反移民、反イスラムのスタンスによって急速に高まった。

「対立をあおりまくる必要があった」

一方、ロビンソンの動画制作を手伝っていた動画クリエイターのカオラン・ロバートソンにとって、この経験からの学びは大きかった。ユーチューブなどのソーシャルメディアで注目をかっさらうにはどんな要素が必要か。その秘訣がわかったからである。

この動画はイギリスを含むヨーロッパ全域に広がる反移民感情に付け込み、事実を歪曲して衝突シーンを目立たせていた。

「最も劇的な瞬間を選んだり、そういう瞬間をでっち上げたりして、もっと劇的に見えるようにする。それが私たちのやり方だった」と25歳のロバートソンは最近のインタビューで明かした。「ユーチューブでバズるには、対立をあおりまくる必要があることに気がついたんだ。そういう手法を使うと、再生数はめちゃくちゃ伸びた。ほかのどんな手法よりもずっと、だ」。

ロバートソンは大西洋を股にかけ、ローレン・サザン、ステファン・モリニュー、アレックス・ジョーンズといった著名な右翼ユーチューバーの動画制作を引き受けるようになっていく。

次ページユーチューブの危険なアルゴリズム
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT