ロス日本食店襲ったアジア人ヘイト犯罪の全貌

被害受けたマネジャーが語る一触即発の瞬間

トーランス市内にあるレストラン「Matsui」。7月13日に投石の被害に遭い、ガラス2枚が割られた(筆者撮影)

カリフォルニア州トーランス市。人口の4割がアジア系住民のこの市には、ホンダのアメリカ本社や、多数の日本食レストランがあり、日本人や日系人にとっては、全米で最も住みやすい場所の1つだ。その市内にある日系レストラン「Matsui」が7月13日、何者かによって投石され、店のガラスが2枚割られるという被害を受けた。

そして翌14日、その投石をした張本人が、道端で、同店の日本人マネージャーに向かって「おまえはアジア人か!?」と叫びながら、ナイフを手にして迫ってくる傷害未遂事件を起こし、警察に逮捕された。ヘイトクライム被害に遭った同店の日本人マネージャーに直接取材をすると、彼は匿名を条件に、事件の一部始終を語ってくれた。

右手にナイフを持った男が…

「道端で、男が『おまえはアジア人か?』と大声で叫びながら、いきなりどんどん迫ってきたんです。相手が数メートルの距離まで近づいて来たとき、初めて、彼が右手にナイフを握っているのに気づきました」。「Matsui」のマネージャーのAさん(仮名)はそう語る。「思わずダッシュで後ろ向きに走って逃げました。ナイフの刃先は10センチほどで、一足飛びで来られたら、確実にやられてしまう距離でした」。

このショッキングな事件の発端は、13日に起きた「Matsui」店舗への投石事件だった。Aさんは当日をこう振り返る。「朝の10時30分ごろ、アラーム会社から、店のガラスが割られたという連絡が私の携帯に来たんです。普通、ガラスが割られたら、犯人が店内に入ってレジを荒らすじゃないですか。でも、その形跡はなかったんです」。

投石によってガラスが割られた時刻は、まだ開店前で、店長を含むスタッフは誰も出社しておらず、店内は完全に無人だった。だが、そのとき、たまたま、店の前の駐車スペースに、野菜を届けに来た配達人が、車に乗車したまま、同店のスタッフが出社するのを待っていた。

犯人は、その配達人の車と、同店の斜め前のダイソーの店舗に向かっても石を投げ、さらに同じモール内の台湾系の飲食店にも投石して、去っていったという。その際に、犯人は「日本人が911のテロを引き起こした」と叫んでいたという報道もあった。

その日のうちにトーランス市警察が店内の鑑識作業を行い、Aさんはその現場に立ち会った。

次ページ投げ込まれた石を見てみると…
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT