「名探偵コナンの沼」にハマった大人の本気告白

もはや子ども向けだけのアニメではない

今週ある事実が明らかになると、2年前の物語のオセロがぱたぱたっと裏返しになって、で、そこが裏返ると、5年前の物語もぱたぱたっと白黒が入れ替わる。そんな立体的な感覚なのです。

現在が、過去を操作している

これから起こることが、過去を塗り替える

そんな立体的なアハ体験が、たまらないのです。

だから新刊を待ってしまうし、現在地が変わるたびに、過去の記憶を修正しなきゃいけないから、既刊も何度も読み返してしまう。

これが、コナン沼の正体ではないかと、筆者は思っています。

劇場版を3倍楽しむための「予習」と「復習」

今回の『緋色の弾丸』は、過去の因縁を知らなくても観られる一方、長年コナンウォッチをしてきた人たちにとっては、やはり、点と点がつながる感覚のある作品になっていると感じました。

初めてふらっと観に行っても十分楽しめますが、今回の主役となる赤井家、とくに赤井秀一にまつわるエピソードをおさらいしていくと、より楽しめると思います。

コミックでいうと赤井秀一が初登場する29巻と、その正体が明かされる34〜35巻。そして、シリーズ最高のトリックとも言われる赤井の殉死をめぐる58〜59巻と85巻。劇場版では第18作の『異次元の狙撃手』を観てから行くといいでしょう。

ちなみに、コナンにはテーマごとにまとまったセレクション本という“ずるいまとめ本”が存在しておりまして、この「赤井ファミリーセレクション」を読んでおくと、無敵です。

そして、今回の『緋色の弾丸』でコナン映画を一気に観たいと思ったみなさまには。まず『純黒の悪夢』(2016年)をイチ推しします。

今作に登場する赤井秀一が活躍する映画であることと、なにより、コナン全作品の中でももっとも完成度が高いのではないかと思われるストーリーラインが切なくていいです。ゲスト出演した天海祐希さんの声も最高です。

それ以外の過去作を独断と偏見でおすすめすると、

二推しは第6作の『ベイカー街の亡霊』(2002年)。これは、ホームズの世界観にトリップする名作です。コナン映画の方向性を決定づけた初期の重要作だと思います。コナンのパパとママがかっこいいんですよ。

次ページさらなる推しは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT