「名探偵コナンの沼」にハマった大人の本気告白

もはや子ども向けだけのアニメではない

客席は子連れよりも大人だけのお客さんのほうが多くて、あーなるほどーと、妙に納得したのを覚えています。

あとで知るのですが、この2018年の『ゼロの執行人』はコナン映画にとってもエポックメイキングなもので、2018年の邦画の中では興行収入ランキング1位。映画全体でも『ボヘミアン・ラプソディ』に続く2位。この作品が20代、30代のコナンファンを一気に増やしたと言われています。

ストーリーの面白さに加えて、キャラ萌え要素が加わった『ゼロの執行人』。公安警察・安室透さん人気が爆発したことも話題になりました(これは完全に余談ですが、この年に引退が決まっていた安室奈美恵さんについて検索しようとすると安室透がヒットしてしまうと、音楽関係者がぼやいていたのを覚えています)

筆者も例にもれず、この『ゼロの執行人』で“沼った”一人。当時のSNSには「この1年で観た映画の中で、いちばん面白かった」とアップしておりました。

当時コミックが94巻まで出ていて、それを一気読みしたあと、劇場版コナンをHuluで20本観て、映画館にもう1回行って「なるほど、このシーンはそういう意味だったか」とにんまりして、やっとひと息つきました。

以降、新巻が出るたびに買い、多い巻は10回以上読み返してます。

新作が出るたびに、過去が塗り替えられる

さて。われわれはなぜ、コナンにハマるのか。

実は、漫画の名探偵コナンを「殺人推理もの」と思って読むと、それほど面白くないです(ごめんなさい)。

とくに連載開始から27年経った近年は、殺人事件が完全にルーティンと化してます。よく揶揄されますが、コナンがこれまでに立ちあった殺人回数を数えると、完全に死神レベル。2日に1回以上は殺人事件と遭遇している計算になるそうです。そりゃ、動機もトリックも既視感出てきます。

なぜ、それでも「ルーティン殺人」を追いかけてしまうかというと、その合間に時折手に入る「ラスボス(=黒の組織)をめぐる情報のかけら」がたまらないのです。

この点と点が、あるときぶわっと繋がる瞬間のエクスタシーに、ハマってしまうんですよね。

というのも、コナンのそれって、よくあるような「伏線が回収されて、パズルのピースがハマる」って感じとはちょっと違うのです。そんな平面的な感じの繋がり方ではないのです。

次ページ劇場版を3倍楽しむための「予習」と「復習」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT