郵貯膨張!--日本郵政はどこへ向かうのか vs.民間の百年戦争時代に逆戻り


 その中で、今は100%政府出資の日本郵政が存在するのだ。当分の間、郵貯銀行もかんぽ生命も実質100%政府出資の官営金融であり続けるというほかはない。しかも、暗黙の政府保証を背景に、民間金融機関よりも信用力が高い存在。上場時期の不明確化は「当分の間」ではなく「永遠」となるかもしれない。

亀井郵政相の進軍ラッパが流れる先には、かつて百年戦争といわれた「郵貯vs.民間金融業」の対立が、再び激化する様相を連想させる。「民から官へ」の資金シフトが起き、中小金融機関は戦々恐々となって、預金解約に備え現金を積み上げる。マネーの効率性は損なわれかねない。信用力低下という風評をおそれて、貸し出し業務のリスクテイク意欲が減退する可能性すらある。

そうした中、民間金融機関からの肥大化批判が激化すれば、郵貯の現場はそれに対抗して貯金集めをさらに加速しかねない。なぜなら、金融分野は安定への制度設計どころか、紛争地帯に逆戻りするからだ。

(浪川 攻、大崎明子 撮影:今井康一、吉野純治 =週刊東洋経済2010年5月1日号)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT