凄すぎて渋沢栄一も戸惑った「西郷隆盛の眼力」

大久保利通と同様に「底知れない男」と実感

渋沢栄一と西郷隆盛のエピソードをお届けします(左写真:今井康一、右写真:Caito/PIXTA)
私が嫌いだった人――。大蔵省に出仕していた渋沢栄一は、明治政府の中心的人物、大久保利通をそう言って敬遠しながらも、「大久保が君子たる器だからこそ、その底知れなさを自分は恐れたのだ」と、のちに回想している(百戦錬磨の渋沢栄一が「大久保利通は嫌い」な訳)。では、大久保の盟友である西郷隆盛は、渋沢にとってどんな存在だったのだろうか。前回に続いて、連載「渋沢栄一とは何者か」の番外編として、渋沢の人物評を紹介していきたい。

「お前はなかなか面白い」渋沢を気に入っていた西郷

渋沢が西郷と初めて対面したのは、一橋家の家臣だったときのこと。同じく一橋家家臣の平岡円四郎に密偵を命じられ、渋沢は相国寺の宿に泊まる西郷を訪ねている。2人は出会うや否や、攘夷運動や藩政改革などについて議論して、大いに盛り上がった。西郷は渋沢を気に入ったらしく、こんなことを言った。

この連載の一覧はこちら

「お前はなかなか面白い男じゃ。食い詰めて仕方なく放浪しているのでなく、生活手段があってしかも志を立てたのは感心な心がけである。今後も時々遊びに来るがよい」

その後も何度か西郷を訪問した渋沢。豚鍋を2人でつついているうちに、西郷は「今のように天下が乱れては、皇室に対しても恐れ多い」と嘆き、「老中制度を廃止して、藩を代表する数人による新しい政治が必要だ」と熱弁した。

さらに、一橋家と徳川慶喜にも言及して、こう続けている。

「むろん一橋もその一員に加わって、座長になるがよい。そして根本的な国策を立てる以外に収拾の道はなかろう。ところで貴公の御主人だが、どうも慶喜公は腰が弱くていかん」

慶喜に仕えていた栄一は、この言葉に少しカチンと来たのか、西郷にこんな問いかけをしている。

「それならあなたがその中心人物になってはどうですか」

次ページ西郷の答えは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT