センバツで初適用「1週間500球」制限の薄い効果

2019年春の甲子園と比べて投球数は変わったか

大会通算459球を投げた天理の達孝太投手(写真:時事)

第93回選抜高校野球大会(春の甲子園)は、東海大相模の3回目の優勝で幕を閉じた。この大会は「コロナ蔓延後初の甲子園」であるとともに、2019年11月に「投手の障害予防に関する有識者会議」が答申した「球数制限」が初めて適用された甲子園でもあった。

日本高野連の「球数制限」は以下の通りだ。

・大会期間中に1人の投手が投げる総数を「1週間500球以内」とし、3連戦を避ける日程を設定すること

今春の甲子園31試合の投球内容を、適用前の最後の春の甲子園だった2019年春の甲子園31試合と比較してみよう。

「球数制限」の適用でどう変わったのか

①各チームが1試合で起用した投手数

2019年 2.03人(延べ126人)
2021年 2.02人(延べ125人)

起用投手数はほとんど変わらず。「球数制限」導入以前から、高校球界ではすでに複数の投手を起用する高校が多くなっていた。

②1試合で8イニング以上投げた投手の数

2019年 29人
2021年 29人

これも同数だった。複数の投手を起用する学校が増える一方で、依然としてエースにチームを託す意識が強い学校もある。ただし2019年は1人で10イニング以上投げた投手が延べ6人だったが、2021年は3人と減ってはいる。

③1人で1試合150球以上投げた投手の数

2019年 7人
前佑囲斗/津田学園(三重)170球 3/25 龍谷大平安(京都)戦
岩本大地/石岡一(茨城)170球 3/25 盛岡大附(岩手)戦
石川昂弥/東邦(愛知)163球 3/26 富岡西(徳島)戦
中森俊介/明石商(兵庫)161球 3/31 智弁和歌山(和歌山)戦
阿部秀俊/盛岡大附(岩手)155球 3/25 石岡一(茨城)戦
霜上幸太郎/熊本西(熊本)155球 3/28 智弁和歌山(和歌山)戦
沼田仁/市呉(広島)150球 3/23 市和歌山(和歌山)戦
2021年 4人
達孝太/天理(奈良)164球 3/29 仙台育英(宮城)戦
山口謙作/上田西(長野)162球 3/23 広島新庄(広島)戦
達孝太/天理(奈良)161球 3/20 宮崎商(宮崎)戦
谷木亮太/柴田(宮城)153球 3/24 京都国際(京都)戦

150球以上投げた投手は延べ7人から延べ4人に減少している。しかし2021年は天理の達孝太が2試合も160球以上を投げている。甲子園の1大会で150球以上の投球数を2試合記録したのは、2018年夏の甲子園で吉田輝星/金足農(秋田 現日本ハム)が3試合記録して以来だ。

なお、1試合に120球以上を投げた投手の数は、2019年が27人だったのに対し、2021年は21人と減少している。

次ページ500球以上を投げた投手は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT