「新卒の指導に悩む人」に伝えたい3つの心構え

受け入れ側も「緊張」を強いられている現実

新人を指導する側が意識すべきポイントとは?(写真:jessie/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャ®」の大野萌子です。

4月から新卒を職場に迎え入れた部署も多いと思います。昨今、よく耳にするのは、新人への対応の仕方に戸惑う、と受け入れる側や管理者からの不安の声です。指導の仕方がわからないといった声も聞かれます。要するに受け入れ側が、教育するための教育を受けておらず、自分が受けてきたものを、見よう見まねで伝えるのがせいぜいで、それが不安につながっているようにも思います。

この連載の記事一覧はこちら

昔のように、終身雇用制度の中で時間をかけて社内の風土や文化、知識を積み上げるといった職場も少なくなっています。雇用形態も変わり、管理者もその組織で社会人のスタートを切ったとは限りません。さらに、時代の変化とともに昔のやり方が通用しなくなってきています。新人だけでなく、受け入れ側もかなりの緊張を強いられていることは事実です。

新人に職場の環境や仕事に慣れてもらい、自主的に動いてもらうには、世代の特徴を理解して、それに合わせた指導や指示を実践する必要があります。

いわゆるデジタルネイティブ世代は、小さい頃から、スマホやPCなどの機器に触れ、知りたいと思えば即座に情報が得られる環境で育ってきました。その世代によく見られる「苦手意識」と、関係づくりに役立つポイントをお伝えしたいと思います。

デジタルネイティブ世代に見られる、3つの苦手

●特徴1「考えること、質問すること」が苦手

ネットですぐに回答を得られることを日常としてきた世代は、まずは考えてみるということが苦手な傾向にあります。調べればわかるのだから、早いところ調べて答えを確認したいという思いが強く、プロセスを端折(はしょ)りがちです。また、直接的なコミュニケーションを取るのが苦手という面もあります。

次ページ「想定外」と「電話」も苦手な傾向がある
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT