人口15万のキュラソー島が野球王国なワケ

優秀な野球選手の輩出地として世界が注目

キュラソーで野球は最も人気のスポーツ。子どもたちは将来のメジャーリーガーを夢見て、常夏の地でボールを追いかける

南米のベネズエラから60kmほど北上すると、カリブ海に浮かぶ小島がある。人口15万人、国土面積は種子島と同じくらいのオランダ領キュラソーだ。この島は現在、優秀な野球選手輩出地として注目を集めている。

日本では昨季、年間本塁打記録を達成したウラディミール・バレンティン(東京ヤクルトスワローズ)、メジャーリーグで本塁打王と打点王を1度、ゴールドグラブ賞を10度獲得した後に東北楽天ゴールデンイーグルスに加入したアンドリュー・ジョーンズがキュラソー出身だ。メジャーでは昨年ショートとしてゴールドグラブ賞を獲得したアンドレルトン・シモンズ(アトランタ・ブレーブス)、ロサンゼルス・ドジャースのクローザーとして君臨するケンリー・ジャンセンらが活躍している。

世界で活躍する人材育成法

なぜ、多くの人が名前も知らないようなカリブの小島から、バレンティンやジョーンズのように優秀な選手が続々と現れてくるのか。筆者と写真家の龍フェルケルは今春、その理由を探るべく当地を訪れた。多くの野球関係者やジャーナリストに話を聞くと、浮かび上がってきたのが「世界で活躍する人材育成法」だ。

まず前提として、キュラソーにプロリーグはない。プロ野球選手を目指す少年は、総じてアメリカでメジャーリーガーになることを夢見て努力する。

メジャーにたどり着くまでのルートは、日本とは決定的に異なる。日本人の場合、プロ野球で活躍してメジャー移籍を目指すのが一般的だが、キュラソーでは少年リーグで実力を蓄え、メジャーとの契約が認められる16歳になった頃にスカウトされるケースが多い。彼らはドミニカ共和国やベネズエラのアカデミーに渡り、マイナーリーグでベースボールの基礎、アメリカで生活していくための英語や文化教育を施される。

次ページ優れた異国への適応力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。