LINEが8000万人のデータ管理で損ねた信頼

日本へのデータ移転は「止血」にすぎない

夜の記者会見に先立ち、ZHDの主催でLINEのデータガバナンスを検証する特別委員会の第1回会合が開催された。

出席したZHDの川邊健太郎CEOは、「LINEの中国からのアクセスの完全遮断、国内へのデータの完全移転については、統合後の新生ZHDがLINEの親会社としてきちんと履行を監督管理していく」と語気を強めて述べた。

座長を務める東京大学大学院法学政治学研究科の宍戸常寿教授は、「そもそもの問題はデータがどう取り扱われ、必要な説明がユーザーに行われていたかというデータガバナンスにある。LINEから示されたのは安心安全を確保するための緊急措置で、まだ止血をしただけの段階」と指摘したうえで、「これからどういう手術が必要なのかをスピード感を持って検討し、適時に決まったことを報告したい」と話した。

コミュニケーションを怠ったツケ

もっとも、大規模なクラウドのデータベースは「分散コンピューティング」と呼ばれる考え方が基本だ。例えば、アメリカのIT大手グーグルはドキュメントや画像のファイルに関して、ユーザーの画面には一つのファイルとして表示されているが、実際には世界中のデータセンターに分散して保存されている。

自治体でLINEアカウントを一時利用停止にする動きが広がっている(編集部撮影)

金融機関など機密性の高い情報を扱う企業はデータを保存する地理的な場所が重視されるが、セキュリティ企業幹部が「クラウドを活用する限りは海外のサーバーを何らかの形で経由するのは普通にあること」と語るように、すべてのデータを国内で管理することはビジネスとして一般的ではない。いずれにしても、「今回の問題は、保存場所などをきちんと説明していなかったことにある」(同)。

「信頼回復のために」。記者会見で出澤CEOらはそう繰り返した。日本へのデータ移転では新たなデータセンターへの投資も必要になるという。今回の問題を受けて、自治体の利用停止が広がっている。ユーザーに対する真摯なコミュニケーションを怠ったツケは大きい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT