デキる人ほど「何も考えない時間」を大事にする

「思考の酸欠」を防ぐ脳科学的に正しい働き方

1  深呼吸する

自分の軸を取り戻したいときに呼吸はいつでも役立つ。統合医療のエキスパート、アンドリュー・ワイル博士は、「4-7-8呼吸法」と呼ばれる方法を考案した。それはこんな具合だ。

・口からフーッと音を出しながら、息を吐き切る。
・口を閉じ、鼻から静かに息を吸いながら、頭の中で4つ数える。
・息を止めて7つ数える。
・8つ数えながら、口からフーッと息を吐き切る。

これで1呼吸。また息を吸い、このサイクルをあと3回、4呼吸まで繰り返す。

集中しなくていい時間を具体的に決める

2  ストレスの原因に対処する

気になることがあると、それは対処するまで心を圧迫し続ける。あなたがなかなか集中できず、同時に10個以上のことを頭の中で考えているなら、すべきことを避けているせいでそうなっている可能性が高い。思い当たるふしがあれば、4-7-8呼吸法を試すか、ストレスのもとになっているタスクを片づけよう。そうして集中力を取り戻してから、ほかのことにまたかかるといい。

3  「集中しなくていい時間」を組み込む

集中すべきときに電話やメールをオフにするのは難しそうだが、できればすばらしいし、その気になれば案外できる。それよりもずっと難しいのは、心配事や義務感にタスクの邪魔をさせないことだ。「心配」で「やらなければならない」と感じるから電話に出るわけだし、そのせいでなかなか集中できないのだから。

2のようにストレス源に対処するのも1つの手だが、それができない場合もある。だとすればいっそ、集中しなくていい時間をスケジュールに組み入れ、不安や義務感をひとまず頭の隅に追いやるのはどうだろう? ただし「あとで心配しよう」と言うだけでは、20分後にまた考えていたりする。「これについては4時15分に心配しよう」と具体的に決めれば、そうできる確率は高くなる。

日々の忙しさに忙殺されて目が回っているビジネスパーソンは、ぜひ今から、次の「集中しなくていい時間」をスケジュールに組み込もう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT