現代人がひどく悩まされる「謎の不調」の正体

体調が悪いのは意志が弱いせいではない!?

科学技術の進歩は私たちの生活を豊かにしてくれる一方、悪影響も生み出しています(写真:プラナ/PIXTA)

科学技術の進歩は私たちの生活を豊かにしてくれる一方、先史時代には存在しなかった健康への悪影響も生み出してきました。

高カロリーな食事による肥満、スマホやテレビの見過ぎによる不眠、過剰な労働によるストレス、運動不足な生活による疲労――上げ始めればキリがありません。こうした文明による健康への悪影響は「文明病」と呼ばれています。

文明病はなぜ怖いのか

こうした文明病の怖いところは人体へ慢性的に影響をおよぼし、仕事のパフォーマンスを下げ、免疫機能まで低下させてしまうことです。今回は、私の著作『最高の体調』を、わかりやす伝えるために漫画化した『まんがでわかる最高の体調』の中から、文明病に関する内容を抜粋し、再構成してご紹介させていただきます。なお、外部配信先でお読みの場合、漫画を閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読み下さい。

この漫画の主人公の安藤すずは、会社で重要な仕事を押し付けられてしまい、不眠やストレスに悩まされています。安藤は、体調が悪い原因をつい食事が偏ったり、つい夜更かししたり、面倒で運動もしない、「自分の意志が弱いせいだ」と考え、スリムで健康的な同僚を見て落ち込みますが、どうやら「意志の弱さ」とは関係ないようです。

次ページマンガはこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。