本を読むのが「遅い人&速い人」の決定的な違い

誰でも速読が可能になる「たった1つ」の仕草

本を読む速度や読解力を高められる方法とは? 実は子どもの頃「やってはいけない」と言われたことが有益なようです(写真:yoshiurara/iStock) 
インターネットの時代とはいえ、人が「本を読む」行為はしばらく続きそうだ。そして、せっかく読むのであれば、速く読めるに越したことがない。
しかし学生の頃、誰もが正しく読む指導はされてきたが、速く読む指導はあまり受けていない。しかも、学生の頃に「上手に読める」と先生に褒められていた人ほど、むしろ読む速度が遅い可能性もある。
本を読む速度が速い人と遅い人の違いはどこにあるのか、どうすれば速く読むことができるのか。Googleやナイキ、ハーバード大学を法人顧客に持ち、『LIMITLESS 超加速学習 人生を変える「学び方」の授業』の著者でもある脳トレーナー、ジム・クウィック氏の、科学的に正しい速読のやり方を紹介する。

意外に教わらない「速く本を読む方法」

なぜ人は本をゆっくり読みがちなのか。

『LIMITLESS 超加速学習 人生を変える「学び方」の授業』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

1つには、多くの人が比較的速い時期――小学2年生か3年生の頃――に読む練習をやめてしまい、その状態で学習し続けても、読む能力(と、もっと重要なことに読む技術)はあまり伸びないからだという。

また、読むときに十分注意を向けられない人もいる。

子どもの話を聞きながら、テレビを見ながら、数分おきにメールをチェックしながら読んでいるので、注意がおろそかになって内容をよく理解できず、同じ段落を何度も読み返してしまうのだ。

読書の方法を紹介する前に、まず、人が速く読むことを阻んでいる3つの壁を確認しておこう。

壁その1 :返り読み

本の同じ行を気づくと何度も読んでいる状態のことだ。あるいは「うろうろ読み」(無意識に前の文章に戻っては読み直すこと)をしたことは? 逆行とは、視線が一度読んだところへ戻って読み直す傾向を表した用語だ。

ほとんどの人がこれをある程度、たいていは無意識にしている。そうすればよく理解できるような気がするからだが、現実はその逆だ。逆行、つまり返り読みをすると、読んでいる文章の意味や要点はたちまちわからなくなる。逆行は読書のプロセスを著しく破壊し、読む速度も遅くしてしまう。

次ページ音読が上手だった人ほど要注意?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT