誰でも「ゾーン」に入って仕事ができる方法

脳トレーナーが教える超効率仕事術の極意

極限まで集中し、最高のパフォーマンスを発揮する瞬間、「ゾーン」。この「ゾーン」は「フロー」とも名づけられているが、フローに入って仕事ができるようになる方法とは?(写真: Fast&Slow/PIXTA)
プロスポーツ選手などが試合後のインタビューで「ゾーンに入っていた」という話をすることがある。極限まで集中し、最高のパフォーマンスを発揮する瞬間だ。心理学者のミハイ・チクセントミハイは、この「ゾーン」を「フロー」と名づけている。「フローに入って仕事ができれば、どんなにすばらしい成果が出せるだろうか」と考えるビジネスパーソンも多いだろう。そして、それは実現可能だ。Googleやナイキ、ハーバード大学を法人顧客に持ち、『LIMITLESS 超加速学習――人生を変える学び方の授業』の著者でもある脳トレーナー、ジム・クウィック氏が、「フロー」に入る方法を紹介する。

生産性が5倍にアップ

目の前の行為に完全に入り込んだ結果、ほかの一切が消え去り、かつてないほど自然な感覚でそれができた、という経験はあなたにもあるだろう。そのあいだ、時間が溶けてなくなったように感じられたことが。深く集中するあまり、夜になったのに気づかなかったとか、食事をするのを何度か忘れたという話もよく聞く。

『LIMITLESS 超加速学習 人生を変える「学び方」の授業』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

この経験がフローだ。

心理学者のミハイ・チクセントミハイは、画期的な著書『フロー体験 喜びの現象学』(今村浩明訳、世界思想社)で、フローとは「1つの活動に没頭するあまり、ほかのことが気にならなくなる状態、またはその経験がとても楽しいので、大きな労力がかかってもそれをするだけのためにしてしまう状態」だと説く。チクセントミハイにとって、フローとはまさに「究極の経験」なのだ。

チクセントミハイ博士によると、フローは次の8つの特徴を持つ。

1 完全に集中している
2 目標だけに焦点を合わせている
3 時間が速まっているか遅くなっているように感じる
4 その経験にやりがいを感じる
5 苦労なくできる感覚がある
6 難しいが、まったく歯が立たないほど難しすぎない
7 その行為がほとんど自然に起きているように感じられる
8 やっていることに満足を感じる
次ページフローに入る5つの方法
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT