誰でも「ゾーン」に入って仕事ができる方法

脳トレーナーが教える超効率仕事術の極意

極限まで集中し、最高のパフォーマンスを発揮する瞬間、「ゾーン」。この「ゾーン」は「フロー」とも名づけられているが、フローに入って仕事ができるようになる方法とは?(写真: Fast&Slow/PIXTA)
プロスポーツ選手などが試合後のインタビューで「ゾーンに入っていた」という話をすることがある。極限まで集中し、最高のパフォーマンスを発揮する瞬間だ。心理学者のミハイ・チクセントミハイは、この「ゾーン」を「フロー」と名づけている。「フローに入って仕事ができれば、どんなにすばらしい成果が出せるだろうか」と考えるビジネスパーソンも多いだろう。そして、それは実現可能だ。Googleやナイキ、ハーバード大学を法人顧客に持ち、『LIMITLESS 超加速学習――人生を変える学び方の授業』の著者でもある脳トレーナー、ジム・クウィック氏が、「フロー」に入る方法を紹介する。

生産性が5倍にアップ

目の前の行為に完全に入り込んだ結果、ほかの一切が消え去り、かつてないほど自然な感覚でそれができた、という経験はあなたにもあるだろう。そのあいだ、時間が溶けてなくなったように感じられたことが。深く集中するあまり、夜になったのに気づかなかったとか、食事をするのを何度か忘れたという話もよく聞く。

『LIMITLESS 超加速学習 人生を変える「学び方」の授業』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします )

この経験がフローだ。

心理学者のミハイ・チクセントミハイは、画期的な著書『フロー体験 喜びの現象学』(今村浩明訳、世界思想社)で、フローとは「1つの活動に没頭するあまり、ほかのことが気にならなくなる状態、またはその経験がとても楽しいので、大きな労力がかかってもそれをするだけのためにしてしまう状態」だと説く。チクセントミハイにとって、フローとはまさに「究極の経験」なのだ。

チクセントミハイ博士によると、フローは次の8つの特徴を持つ。

1 完全に集中している
2 目標だけに焦点を合わせている
3 時間が速まっているか遅くなっているように感じる
4 その経験にやりがいを感じる
5 苦労なくできる感覚がある
6 難しいが、まったく歯が立たないほど難しすぎない
7 その行為がほとんど自然に起きているように感じられる
8 やっていることに満足を感じる
次ページフローに入る5つの方法
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT