英語が話せなくても、問題ない時代が来る

日本人は「グローバル人材」に対する幻想を改めよ

理想的なグローバル人材といえば、ハーバード大学やスタンフォード大学などのMBAを取って外資系企業に入り、身ぶり手ぶりで英語のプレゼンテーションをするといったイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。しかし、それは間違いだと思います。

広い視野でビジネスプランを立てるほうが、ずっと大事

ビジネスの基本は、そこで商売する国の言語を使うことです。

アメリカの企業が日本に進出して、英語で日本市場を開拓しているかといえば、そんなことはありません。当然、日本語を使います。英語が母国語・公用語の人々は世界で約14億人、世界の人口の2割程度しかいませんから、むしろ英語以外の言語で商売をすることも多いはずです。

その国の言語を使うといっても、その言語を話せる日本人の幹部か現地人の幹部を置いて、現地のスタッフとコミュニケーションを取るのが通常です。例えば、幹部を2人置いたとしても、そのうち1人の幹部が現地の言葉を流暢に話せれば、それで十分です。

もちろん、英語力があることに越したことはありません。ですが、絶対に必要なわけではないのです。それよりも、広い視野を持ってビジネスのプランを立てられること、物事の考え方がしっかりできていること、大局的な判断ができることのほうが重要です。つまり、洞察力を鍛えていくことが求められます。

周知のように、コンピュータが目覚ましい勢いで進化しています。10年前には、将棋の世界でコンピュータがプロの棋士を打ち負かすことなど考えられませんでした。それがいまではコンピュータに軍配が上がるようになっているのです。それだけコンピュータの情報処理速度が速くなっているわけです。

次ページ中途半端に英語を勉強するくらいなら・・
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT