ビッグデータの賞味期限は、あと5年しかない

情報通信革命で、ビジネスはすぐ陳腐化する

たとえば、ローソンの「ろーそん亭」シリーズはビッグデータを活用してできたヒット商品の一つ。5年もすれば、こうした話は当たり前のようになるのだろうか(撮影:尾形 文繁)

昨今、「ビッグデータ」という言葉が、メディアによく登場してきます。ビッグデータというのは、大規模なデータ集積のことで、そこから取捨選択、解析などを加えて、将来の見通しなどに利用できます。

ただ、私はビッグデータが商売になるのは、せいぜいあと5年程度だろうと考えています。

ビッグデータの競争はこれから激化、価格は下落へ

今はまだ参入企業が多くはない状態ですから、すでに参入している企業は、多少の利益を手にすることができているかもしれません。また利用者も、このビッグデータを他社に先んじて使いこなすことができれば、自分のビジネス分野において、他社よりも優位に立つことができます。

しかしながら、これから他の参入者が増えれば増えるほど、この分野における競争は激化していきます。その先にあるのは、価格の引き下げです。つまり、ビッグデータは5年後には、商売として厳しい状況に追い込まれることになるでしょう。

現状、ビッグデータを使えることが、それだけの魅力を持っているかどうかということですが、この点についても残念ながら、すでにメリットがなくなってきています。

次ページビッグデータは、魔法の杖ではない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。