ビッグデータの賞味期限は、あと5年しかない

情報通信革命で、ビジネスはすぐ陳腐化する

たとえば、ローソンの「ろーそん亭」シリーズはビッグデータを活用してできたヒット商品の一つ。5年もすれば、こうした話は当たり前のようになるのだろうか(撮影:尾形 文繁)

昨今、「ビッグデータ」という言葉が、メディアによく登場してきます。ビッグデータというのは、大規模なデータ集積のことで、そこから取捨選択、解析などを加えて、将来の見通しなどに利用できます。

ただ、私はビッグデータが商売になるのは、せいぜいあと5年程度だろうと考えています。

ビッグデータの競争はこれから激化、価格は下落へ

今はまだ参入企業が多くはない状態ですから、すでに参入している企業は、多少の利益を手にすることができているかもしれません。また利用者も、このビッグデータを他社に先んじて使いこなすことができれば、自分のビジネス分野において、他社よりも優位に立つことができます。

しかしながら、これから他の参入者が増えれば増えるほど、この分野における競争は激化していきます。その先にあるのは、価格の引き下げです。つまり、ビッグデータは5年後には、商売として厳しい状況に追い込まれることになるでしょう。

現状、ビッグデータを使えることが、それだけの魅力を持っているかどうかということですが、この点についても残念ながら、すでにメリットがなくなってきています。

次ページビッグデータは、魔法の杖ではない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
  • テレビのミカタ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT