ビッグデータの賞味期限は、あと5年しかない

情報通信革命で、ビジネスはすぐ陳腐化する

たとえば、国が発表している経済指標も、立派な統計データです。ただビッグデータの場合、統計をとる際のデータ量がこれまでの統計に比べて格段に多いという点では、大きく違います。

斬新なビジネスモデルが、すぐに陳腐化するリスク

IT化によって膨大なデータを処理できるようになったのは一つの進化かもしれませんが、これに統計学を合わせたというだけのことであり、そこにはなんのイノベーションもないように思えるのです。

目先のビジネスとしては魅力的なのかもしれませんが、おそらく長続きはしないでしょう。ビッグデータの賞味期限はせいぜいあと5年、そう断言してもよいと思います。

昔は、他社が持っていないようなビジネスモデルを考えついたら、それこそ、その企業は30年くらいは安泰でした。それが今では、10年、下手をすれば5年も経つと、かつては斬新だったビジネスモデルがあっという間に陳腐化してしまいます。

いうまでもなく、情報通信革命によって情報はあっという間に共有化され、価格の平準化がはじまるからです。インターネット社会に情報格差はほとんど存在しません。

だからこそ、経営者は常に切磋琢磨し、将来の動向を洞察しながら、自分と企業を成長させる努力を続けていく必要があるのです。

12月に出版された新刊『トップリーダーが学んでいる5年後の世界経済入門』(日本実業出版社)では、企業の経営者やビジネスマン向けにビッグデータをはじめビジネスに必要な知識を取り上げております。興味のある方はぜひご覧ください。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング