アマゾンが狙う「クラウド世界王者」の座

スタートアップも、大企業も、公共セクターも顧客に

本連載は、GAFAに関するトピックを毎週ひとつないし複数採り上げながら、米国・シリコンバレーを中心とするIT事情を定点観測的にお伝えしていく。今回はアマゾンをとり上げる。米国時間2013年11月13日からラスベガスで開催されたアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のイベント「Re:Invent」。ここで発表された内容を中心に、アマゾンがエンタープライズ市場でどんなポジションを狙っているのか、考えていこう。
アマゾン・ウェブ・サービスが7周年であると話すアンディ・ジャシー氏

スタートアップからの絶大な支持

アマゾンといえば、日本でもおなじみのオンライン書店だ。現在は書店だけでなく、電化製品、食品、文房具、衣類など、日常使うものを数多く取りそろえるデパートのような存在となっている。そして、これは米国の人に話しても驚かれるのだが、オーダーがその日に届く地域もあり、独自進化を遂げている。

しかし、アマゾンにはこれとはまったく別の進化を続けている部門がある。それが、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)だ。AWSはクラウドサービスに属するが、一言でいえば従量課金のサーバー環境だ。AWSは今年で7年目となるが、このサービスの登場によって、シリコンバレーのスタートアップの方法論がまったく変わってしまった。

インターネット上でサービスを行ったり、社内で管理するシステムを作るときには、サーバーが必要になる。このサーバーを自社で買う場合、まずここでコストがかかるうえ、24時間365日動き続けるように保守管理をする必要がある。しかも、もしサービスが成長してきた際には、サーバーを増強していかなければならないが、急激な成長をした場合、そのスピードが追いつかず、サービスがダウンしてしまうことになる。

AWSは、上に述べた不安を一気に解消してくれるサービスとして、スタートアップから絶大な支持を集めた。インスタグラム、ドロップボックス、フォースクエア、タンブラー、ピンタレスト、エアビーアンドビーなどの急成長した企業は、AWSなしではありえなかったといってもいいだろう。

名だたるスタートアップがAWSのユーザーとなっている

AWSで重視しているポイントは、以下の5つだ。

1. Performance:処理能力

2. Security:セキュリティ

3. Reliability:信頼性・安定性

4. Cost:コストのメリット

5. Scale:スケーラビリティ

当初は特にコストとスケーラビリティが支持されてきたが、AWSは今回の基調講演で、処理能力とセキュリティを強調し、より多くの企業ユーザーに信頼されるサービスであることをアピールしている。同イベントは、新しい機能や知識を学んで持ち帰ってもらうことで、自社や顧客に行動を起こしてもらうことをゴールにしているという。

次ページ既存ソリューションの半値以下
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。