草なぎ剛が語る「終わりの美学」を演じる意義

徳川慶喜だけではない全ての人に通ずるテーマ

江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜を演じる草なぎ剛さん。レギュラー初出演となる大河ドラマの撮影に、どんな心構えで臨んでいるのでしょうか(写真:©NHK)
映画「ミッドナイトスワン」で、ブルーリボン賞をはじめ数々の賞に輝いた。今年、演じるのは、江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜だ。レギュラー初出演となる大河ドラマの撮影に、どんな心構えで臨んでいるのか。AERA 2021年3月8日号から。

「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一と、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜。先月14日から放送が開始されたNHK大河ドラマ「青天を衝け」の序盤では、若かりし頃の2人の人生を軸に、江戸後期から幕末に至るまでの物語が描かれる予定だ。

草なぎ剛(以下、草なぎ):今は徳川最後の将軍という大役を演じられるうれしさ半分、緊張が半分という感じですね。僕は歴史に詳しくないので、「慶喜役です」と言われても、正直、最初は全然ピンとこなかったんですよ。でも、台本や歴史の資料を読み進めるうちに、鎖国が終わって外国文化が流れ込んできた激動の時代に、国や人々の行く末を考えて行動した慶喜はすごくカッコいいなと思うようになりました。撮影が始まって、少しずつ自分の気持ちも昂っています。

身近に感じてほしい

──慶喜は、将軍職には消極的であった一方、「家康の再来」とうたわれるほど聡明な人物だったとも伝えられている。本作の制作統括を務める菓子浩は、「優秀だけど複雑で、何を考えているか読めない慶喜を演じるには、何よりもカリスマ性が必要」と考え、草なぎをキャスティングしたという。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

草なぎ:カリスマ性ですか……。それは、キャスティングミスでは?(笑)。いや、そう言っていただけるのはとてもうれしいんですけどね!

ただ一方で僕は、慶喜をもっと身近に感じてもらいたいという思いもあるんです。将軍というと、すごく偉そうで、何の不自由もないイメージがあるかもしれませんが、慶喜はいろいろなしがらみの中で苦悩することも多かったと思うんですよ。それを観てくださる方に伝えられれば、もっと慶喜に共感して愛してもらえるんじゃないかな。

次ページ将軍とひとりの人間、コントラストを演じ分けたい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT