東大の推薦に合格「スーパー高校生」の日常生活 興味や関心を持ったことにはとことん打ち込む

拡大
縮小
東大・京大推薦「スーパー合格者」の高校生活に迫りました(写真:haku/PIXTA)

東大100人程度、京大165人という狭き門である学校推薦型選抜(京大は特色入試)の合格者と聞いて、どんな顔が思い浮かぶだろうか。成績優秀であることはもちろん、絵や音楽が好きだったり、試験直前もゲームに熱中していたりなど、さまざまだ。「スーパー合格者」たちの高校生活に迫った。

きっかけは科学雑誌『ニュートン』

岐阜高から東大理学部に合格した辻圭汰さんは昨年夏、全国の高校生を対象にしたコンテスト「物理チャレンジ2020」でエリジオン賞(最優秀賞)と金賞を受賞した。歴代受賞者は筑波大附属駒場高(東京)など有名進学校の生徒が多い。その中で地方公立校生として健闘した。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

小学生時代、科学雑誌『ニュートン』を読んで宇宙での物理現象に関心を持つようになった。父親は勉強や進路については口を出さず、代わりに「興味を持ったことにはとことん打ち込んで」と言った。高校では自然科学部物理班に所属。将来の夢は物理学者だ。

勉強の合間にゲームをすることはあるのか聞くと、「やるよりも作るほうですね」。趣味はプログラミング。将棋に近いルールのオンラインゲームを自作したこともある。小説や漫画も好き。都を奪われた王子が忠臣を増やして国を奪還するという、中世の中東をモデルとした国を舞台とした『アルスラーン戦記』がお気に入りだ。

上京したら、古本屋巡りをしたいという。

「東大周辺は古書店が多い。科学や物理の本を歩いて探し回りたいです」

次ページ夢はクジラ研究者
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT