過去最多の人気「通信制高校」を選ぶ人の生活

入学受け付けは大体3月まで間に合う

不登校新聞の編集長・石井志昂さん
わが子の進学先を考えるときに親が大事にすべき2つのこと

通信制高校の生徒数が2年連続で過去最多を更新しました。今号の6面で『不登校サポートナビ』の北澤愛子さんがくわしく解説したように、人気が集まっている理由は、従来の学校と比べて入学のしやすや選択肢の多様さにあるようです。

当記事は不登校新聞の提供記事です

『不登校新聞』に登場した人のなかには、高校3年生の秋から通信制に転校して居場所を見つけた人もいました。通信制に移ってからようやく「人の温かさに触れた」と言います。一方で、通信制に入学するも、わずか3カ月で不登校になり、再度、「学校へ行けない自分に苦しんだ」という人もいました。

両者のちがいを一概に言うことはできませんが、あえて言えば「自分のタイミングで動けたか」だと思いました。これまで多くの不登校の人を取材してきましたが、自分の気持ちに正直になって選んだときや自分が納得して動けたときは、何か問題が起きたとしてもなんとかやっていけます。私自身は高校へ行かず、中卒のまま、「休息の時間」を多くとり、自分のタイミングで働き始めることができました。それが結果的にはよかったと感じています。ところが焦りや罪悪感、周囲からの期待など「他者の眼」を軸にして行動すると、やはりうまくいきません。

進学の時期になると、子どもは親を含めた周囲の眼が特段、気になるものです。親や周囲は自分の焦る気持ちをぐっとこらえて、本人の意思とタイミングを最大限、尊重していただきたいと思います。(不登校新聞編集長・石井志昂)

不登校の関連記事
「学校に行きたくない」と言われたら。子どもの気持ちとの向き合い方
「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知
「こんなのもわかんねーの」 先生の一言が今も胸につかえてます
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT