官製ベンチャーファンドのお粗末、初案件は“大企業”支援

官製ベンチャーファンドのお粗末、初案件は“大企業”支援

“官製ベンチャーキャピタル(VC)”と鳴り物入りで昨年7月に発足した官民ファンド「産業革新機構」。設立から9カ月も出資先を決めきれず開店休業と揶揄されてきたが、3月末ようやく初案件を決定した。

ところが、その出資先は東証1部上場の大企業・アルプス電気が事業分割で設立する新会社。アルプスの片岡政隆社長でさえ「機構の支援がなくても事業化を選んだ。単独で行うことも選択肢としてはあった」と打ち明けるほど、1号案件はあまりにも手堅い投資だ。

機構はベンチャー投資活性化の起爆剤として期待されて設立。政府が820億円、民間19社が100億円を拠出、8000億円の政府保証も合わせると総額1兆円近い投資能力を持つ巨艦ファンドだ。主な事業は(1)オープンイノベーションの推進、(2)民間VCの投資案件を後押しするセカンダリー投資、(3)大企業が持つ革新的事業のカーブアウト(切り出し)の三つだ。

「所管する経済産業省は当初、あくまでベンチャー投資が狙いと説明していた」(設立過程を知る専門家)うえに、支援基準にも「民間事業者のみでは通常実現しがたい事業活動を後押しする」と記されている。アルプスのような大企業が実権を握る事業への投資を「民間のみでは実現しがたい」事業へのベンチャー投資といえるのだろうか。

今回出資する新会社は、電気自動車や次世代送電線網などに組み込む小型・高効率の電子部品を手掛ける会社で、アルプスの本業に限りなく近い。機構は30億円を出資、26・1%の株式を引き受ける。出資は今回の30億円を含め最大100億円。筆頭株主としてアルプスが主導権を握る構図は今後も変わらない。

機構は「アルプス本体への出資ではなく適切」と説明するが、はたして設立の趣旨に合うのかどうか。むろん、アルプスにとって100億円程度の資金調達がネックになることはなかったはずだ。銀行借り入れより格段に有利なスキームを利用するという、民間企業として当然の判断をしたまでだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT