携帯代「3000円以下」今どのプランを選ぶべきか

使い方の「タイプ別」に厳選してみた

携帯代は3000円以下にできる! タイプ別おすすめ最新料金プラン12選をご紹介します(写真: freeangle/PIXTA)

docomoのahamo(アハモ)20G(月額2980円)の発表を皮切りに、au、ソフトバンクも値下げを発表。まさに群雄割拠のスマホ市場。今までが高すぎた!と思う人も、今回は期待以上のお値段になるとあって乗り換えない手はない。その不安や疑問にもお答えしちゃいます!

今、スマホ代が安くなったワケ

2020年末から今年頭にかけて、携帯キャリア大手3社が一気に新プランを発表。その安さで世間を騒がせた。値下げの背景を「インフラとしての普及がある程度、整備されたから」と教えてくれたのは、ファイナンシャル・プランナーでスマホ評論家の新田ヒカルさん。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

携帯電話は、国民の生活水準を引き上げるインフラの一種。そこで、国は携帯会社を援助してアンテナの整備を後押し。しかし、整備が終わり、3大携帯キャリアの独占状態になると、1人あたり8000円弱といわれるスマホ代が、家計を圧迫するように。そこで政府は、携帯料金引き下げを各社に打診したのだ。

携帯市場は、大きく4層に分けられる。3大キャリア、4つ目のキャリアである楽天モバイル、3大キャリアが作ったサブブランド、そして格安SIM。

大きく違うのは回線速度で、「蛇口にたとえるなら、3大キャリアは全開、サブブランドは絞りぎみ、格安SIMはだいぶ絞った状態」(新田さん、以下同)

その4層に、今回発表された新プランが新たに加わった。「新プラン」と呼んでいるものの、番号をそのままで乗り換えるにはMNPが必要な可能性があるなど、サブブランドに近い存在だ。

「未決定のことが多いですが、回線速度は3大キャリアと見劣りしないものになるのでは。そのうえで価格が大きく下がる。チェックしない手はありません」と新田さん。携帯の群雄割拠時代を消費者として賢くお得に乗りこなそう。

次ページ携帯会社勢力図
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT