上司の仕事は「つくり笑顔」と「声かけ」で8割だ

「できない上司」も訓練でできるようになる

コミュニケーションは誰でも上達が可能です(写真:jessie/PIXTA)
長引くコロナ禍で、テレワークを導入する企業も増え、「コミュニケーション不足」によるミスや、社員の心理的安全性も損なわれているのでは、と心配する声が出ている。
株式会社武蔵野を18年連続増収に導き、750社以上を指導してきた小山昇社長の持論は、「コミュニケーションは訓練」。初めからコミュニケーションが上手な人は少ないが、訓練であれば、誰でも上達することは可能だ。
儲かる会社のコミュニケーションの鉄則』を刊行した小山氏が、今からすぐに実行できるコミュニケーション訓練のコツについて解説します。

笑顔は、訓練で身につく

接客サービス業で重要視されるのが、「笑顔」です。「返事と挨拶と笑顔が真っ当にできれば、仕事の8割は成就した」と常日頃から言うほど、わが社は「笑顔での挨拶」を徹底しています。

武蔵野では、「笑顔」を次のように定義しています。

【笑顔】笑顔は無料でも、無限の価値がある。笑顔は相手の人に対する好意・歓迎の意思表示です。無愛想な表情では心が伝わらない。笑顔は、最も価値のあるサービスの1つです。練習しだいで誰でも美しい笑顔になれます。どうしてもうまくできない人は、職業を替えたほうがよい。(小山昇『改訂3版 仕事ができる人の心得』CCCメディアハウス)

私の笑顔も、「練習」によって身につけたものです。今から40年以上前、私は「社長の教祖」と称された経営コンサルタント、一倉定先生に師事していました。一倉先生は、別名「炎のコンサルタント」と呼ばれ、厳しい指導で知られていました。

とにかく容赦がない。利益だけを追求する社長に対しては、烈火のごとくしかり飛ばします。「これは講義ではない、落雷だ」と恐れおののく社長もいました。

次ページ一倉定氏に「カミソリ」と言われた小山昇が変わったきっかけ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT