Netflix1億人が見た「ザ・クラウン」人気の理由

上目遣いも髪型もそっくりすぎるダイアナ妃

Netflix会員数2億人突破に貢献したと言われる英国王室物語の『ザ・クラウン』。最新シーズンはチャールズ皇太子とダイアナ元妃のなれ初め話が含まれる(写真:Netflix)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

Netflix会員2億人突破に貢献した世界ヒットドラマ

Netflixが1月19日(アメリカ時間)に発表した2020年第4四半期(10~12月)の決算発表で、有料会員数が2億人に達したことがわかりました。

この連載の一覧はこちら

コロナ特需によって通年で過去最高の会員数を増やし、ついにマイルストーンに到達したわけですが、この2億人突破に大きく貢献した番組の1つが、英国王室物語の『ザ・クラウン』です。

2016年にシーズン1が配信されて以降、配信後28日間で作品を再生したNetflix会員の数が何といっても圧倒的。1億人以上です。2020年11月から配信開始された最新シーズン(シーズン4)は自己最多の視聴記録を更新しています。エミー賞など数々の受賞歴もあるこのドラマ。納得の見るべき理由があります。

Netflixドラマシリーズ『ザ・クラウン』の人気の理由に、歴史上の実在する人物を描くただの歴史ドラマではないことがまず挙げられます。在位中のエリザベス2世が主役なのです。

イギリス王室ファミリーに対する関心度は日本でも高く、世界中のメディアがスキャンダルに至るまで事細かに取り上げています。過去に王室ファミリーを題材とした映画作品も多く、エリザベス2世が主役の『クィーン』(2006年)や父のジョージ6世が主役の映画『英国王のスピーチ』(2011年)といったアカデミー賞を受賞したヒット作もあります。ですから、登場人物のキャラクターも人物相関図もほぼほぼ説明いらず。

次ページ脚本を手がけたピーター・モーガンと言えば
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT