Netflix1億人が見た「ザ・クラウン」人気の理由

上目遣いも髪型もそっくりすぎるダイアナ妃

『ザ・クラウン』は実物そっくりのキャラクターたちから、視聴者それぞれが必ずお気に入りのシーンを見つけることができるドラマだと思います。シーズン4に限らず、例えば、シーズン1では女王になりたてのエリザベス2世(クレア・フォイ)とチャーチル首相(ジョン・リスゴー)のエピソードも必見です。

ロングシリーズ化は最初から決まっていた

総合的に評価の高いドラマであることは、Netflixの共同CEOで最高コンテンツ責任者のテッド・サランドスも認めています。企画段階から太鼓判を押していたのです。2020年10月のフランス・カンヌのテレビ見本市MIPCOMのオンラインキーノートに登壇したテッド・サランドスが『ザ・クラウン』についてこう言及していました。

「ピーター・モーガンとはじめに『ザ・クラウン』について話し合ったとき、すでに彼は6シーズンのすべてのストーリーボード(草稿)を語ることができました。だからこそ、彼が提案したとおりに展開していくことにスリルを感じるのです。ほとんどの場合、クリエーターがそこまで明確な創造的なビジョンを持っていないのが現実です」

これは作品のロングシリーズ化について「惰性でシーズンを重ねる必要はない」というNetflixの考えを表す発言にもなっています。『ザ・クラウン』はロングシリーズ化に価値があり、計画的に数回のシーズンにまたがって完結する作品であるということなのです。なお、シーズン5が最終章となる話が一時期浮上していましたが、シーズン6まで公開されることに落ち着いています。

イギリスのクリエーターと名女優、俳優たちが『ザ・クラウン』をNetflixを代表するヒット作に導き、Netflixはこの『ザ・クラウン』を含めたイギリス発オリジナル作品にこれまで10億ドル(約1000億円)の製作費を投資しています。

延べ2万人を超えるキャスト、スタッフ、エキストラがNetflixイギリス発作品に参加していることもわかりました。2021年以降、さらに金額を上げた製作費を投じて、イギリス発作品製作が計画されています。

そのためか、イギリスでは2月からNetflixの基本月額料金が1ポンド値上げされるというオチ付きですが、今のところ『ザ・クラウン』があれば会員獲得と維持に苦労はないのかもしれません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT