「雑務に忙殺される人」に多い3つの思い込み

99%の無駄を捨て1%に集中する方法とは?

(『マンガでよくわかる エッセンシャル思考』より)
 あらゆる依頼を引き受けるうちに雑多な業務や用事に忙殺され、やがて自分が何をやっているのか、本来は何をするべきなのか、わからなくなってしまう……。そんな経験はありませんか?
そんな日々をスッキリとさせるのが「エッセンシャル思考」です。本当に大切なものだけに集中する方法を説く『マンガでよくわかる エッセンシャル思考』より、一部を抜粋しお届けします。

忙殺される日々から抜け出すには

小さいころからの夢を叶え、小学校の教員となった田辺貴代(26歳)は、授業だけではなく、指導計画書の作成やテストの答え合わせ、保護者の対応、遠足の手配、各種集金……など雑多な業務に追われる中、学年主任まで任されることになり、毎日疲れ気味。

そんなとき、同窓会で再会した前沢塁に、「雑用ばっかりで周りに振りまわされている」と図星を突かれてしまいます。「好きなことだけやることはできない」と反論する貴代に、塁は、「99%の無駄を捨て1%に集中する方法」があると言うのですが……。

次ページ「外資コンサル」マンになった前沢くん
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT