手洗いしすぎで「手荒れ」に悩む人への解決法

コロナの予防で手湿疹に悩んでいる人も多い

手洗いは必要な予防対策ですが、洗いすぎて手荒れが起きないようにするにはどうしたらいいでしょうか(写真:okugawa/iStock)
新型コロナウイルス感染症の予防策として、手洗いが励行されています。しかし、この冬はそのためか、手荒れや手湿疹に悩む人が多いようです。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、自分でできる手荒れ対策について解説します。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

新型コロナウイルス感染症が拡大し、手洗いやアルコール消毒をする機会が増えました。それに伴い、手荒れや手湿疹で困っている患者さんが増加しています。

皮膚科の外来でも、手荒れのひどい人、マスクの中のニキビが悪化した人など、感染症対策で起きた皮膚トラブルの患者さんの相談を多く受けるようになりました。

今回は、その中でも相談の多い手荒れにどう対応するか説明したいと思います。

手洗いが必要な場面、そうでない場面

まず、手洗いやアルコール消毒がなぜ必要かというところから考えてみましょう。それは、新型コロナウイルスを含め感染症をもらわないためであり、広めないためです。この部分をしっかり理解しておかないと余計な手洗いをして、結果として手荒れが起きます。

多くの人は、外から家に帰ってきたときに手洗いをしますね。それは、外でウイルスが付着した「なにか」を触った可能性があるためです。例えば、気分転換の散歩で公園をぶらっと歩くだけで帰ってきた場合、途中でなにも物に触れていなければ手洗いをする必要はありません。そもそも、ウイルスが付着している可能性があるなにかに触れていないのですから。

一方、通勤の途中で電車の手すりやエスカレーターの手すりにつかまった場合は、会社についたときに手洗いをする必要があります。なぜなら、手すりについたウイルスを会社で広めてしまうかもしれないからです。

デパートやレストランの入り口で手をアルコール消毒するのは、周りのお客さんにうつさないためです。コロナに感染している無症候の人が唾液(だえき)や鼻水などの体液がついた手で商品にベタベタ触ると感染拡大するリスクが上がります。なので、万が一、自分が無症候感染者の場合も考えて、入店前に手をアルコール消毒することが必要です。

次ページ手荒れを防ぐための手洗い方法
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT