「給料が高く有休も多く取れる会社」トップ200

有休取得15日以上対象に平均年収でランキング

「有休が取れて年収が高い会社ランキング」のトップは2年連続でヒューリックとなった (編集部撮影)

新型コロナウイルス拡大防止のため、11都府県に緊急事態宣言が発出されている。不要不急の外出自粛が求められ、イベントの中止や延期、規模縮小が求められている。そのため、冬のインターンシップや1day型の仕事体験は、オンラインが中心となっている。自宅にいる時間も長くなる今のうちに、会社研究を進めてほしい。

『就職四季報』特設サイトはこちら

その際、着目する項目の1つに「休暇が取得しやすいか」がある。厚生労働省の「令和2年就労条件総合調査」では有給休暇の年間平均取得日数は10.1日、有給休暇取得率は56.3%と、前年度と比較しそれぞれ0.7日増、3.9ポイント増と過去最高となった。年5日の有給休暇取得義務化が2019年4月より施行され、政府も有休休暇を取得しやすい環境整備を進めている。

そして、「休暇が多く取れて年収も高い」という、好待遇の会社を探すために、『就職四季報』の掲載会社の中から、有給休暇取得日数が15日以上の会社をピックアップし、平均年収が高い順にランキングした。それが「有給休暇が取りやすく年収が高い会社ランキング」で、その上位200社を紹介していく。なお、同順位の際は有給休暇取得日数順に並べている。

年収1000万円を超える企業は17社

有給休暇15日以上取得し、かつ年収1000万円以上の会社は17社と2020年のランキングに比べ4社減となった。また17社中13社は、2年連続で有給休暇を15日以上取得し、かつ年収1000万円以上となった。

次ページトップはヒューリック
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT