「給料が高く有休も多く取れる会社」トップ200

有休取得15日以上対象に平均年収でランキング

トップは、東京を中心にオフィスビルなどの賃貸事業を手がけるヒューリックで、平均年収は1760万円、有給休暇取得日数は15.7日。同社は2年連続でトップになっている。2位住友商事、3位野村総合研究所と続く。

年収1000万円以上の会社を業種別に見ると、食品・水産(6位サントリーホールディングス、11位キリンホールディングス、12位サントリー食品インターナショナル)が3社、商社・卸売(2位住友商事、5位双日)と建設(13位日鉄エンジニアリング、15位JFEエンジニアリング)が2社と多い。

ただ、1社の業種も不動産(1位ヒューリック)、シンクタンク(3位野村総合研究所)、機械(4位ファナック)、ガラス・土石(7位AGC)、医薬品(8位アステラス製薬)、信販・カード・リース他(9位オリックス)、電機・事務機器(10位ソニー)、化学(14位三井化学)、証券(16位大和証券グループ)、非鉄(17位住友金属鉱山)と、特定の業種が固まるのではなく、多彩な顔ぶれだ。

有給休暇取得率90%以上の企業は25社

一方、200位以内で有給休暇取得率が90%以上の会社は25社と前年より8社減っている。大手工作機械総合メーカーのDMG森精機(111位)、国内トップの自動車部品メーカーのデンソー(124位)、国立研究開発法人の産業技術総合研究所(36位)は、取得率が100%を超えている。これは、1年に付与される有給休暇20日をすべて取得し、さらに、これまで繰り越した有給休暇を取得しているためだ。また、自動車メーカーの三菱自動車工業(192位)が、有給休暇取得率100%を達成している。

業種別で見ると、自動車部品が7社(84位東海理化、89位トヨタ車体、107位豊田自動織機、124位デンソー、160位トヨタ自動車東日本、168位豊田合成、173位日本発条)、自動車が3社(99位本田技研工業、107位日産自動車、192位三菱自動車工業)、機械が3社(86位コマツ、91位ダイキン工業、111位DMG森精機)と、製造業が多いのが特徴だ。

コロナ禍でリモートワークが増え、仕事とプライベートの切り替えが難しくなったとの調査結果も出ている。有休休暇を活用し、仕事をいったんリセットすることがリフレッシュにつながる。

会社研究をする際は、有給休暇の付与日数ではなく、実際に有給休暇を取得した日数をチェックしてほしい。実際に有給休暇の付与日数を100%取得できるのは難しく、本ランキングでも4社しかないからだ。

また志望業種の有休取得平均日数も押さえておきたい。業種により有給休暇の取得日数はバラツキがあるため、ランキング入りせずとも業種別で上位に入る、有給休暇の取りやすい会社も見つかってくるはずだ。『就職四季報』では業種別平均を掲載しているので、うまく活用して休みが取れる働きやすい会社を見つけてほしい。

次ページ有休が取れて年収が高い会社1~50位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT