「体にいい食品ばかり」食べたがる人の深刻盲点

まずは「腸」を、もっと「きれいな状態」にしよう

「体にいいもの」を摂っても、腸が汚れているとその効果は発揮されません(写真:Foxys_forest_manufacture/iStock)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活法」は30年近く欧州で愛され続け、その「腸活メソッド」を紹介する著作は、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど世界中で話題になっている
2017年には、Google.itの食事法(ダイエット)部門で「最も検索されたキーワード」ベスト3に選出されたほどだ。
そのアダムスキー氏の著書が、このたび初めて『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』として邦訳され、日本でも大きな話題を呼んでいる。
アダムスキー博士によると、多くの体の不調の原因は「汚れた腸」にあり、「健康にいいもの」を食べている人の中にも、残念ながら「腸についての重大な盲点」がある人が少なくないという。
「『健康にいい食品ばかり食べたがる人』が陥りがちな盲点」について、本書を抜粋・再編集しながら、紹介する。

腸が汚れていると「体にいいもの」も効果が薄れる

私は長期にわたるさまざまな研究を通じて「アダムスキー式腸活法」の基礎を構築するに至りましたが、その基本となるのは、「体の機能不全のほとんどが『腸の流れ』によって決まる」という考え方です。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

腸が「正しく」流れているときは、健康な生活を送ることができますが、腸の流れが「滞る」と、体のバランスが崩れてしまい、さまざまな体の不調へとつながってしまいます。免疫力低下や重大な健康被害を引き起こす可能性もあります。

腸の流れが滞ってしまうのは、「間違った食生活」で消化管の壁に「有害な汚れ」がたまっていくことが主な原因です。この腸にたまっていく「有害な汚れ」をとり、消化管の働きをよくするためには「正しい食生活」が有効です。

しかし、「正しい食生活」といっても、「体にいいもの」と言われているものを摂ればいいというわけではありません

健康志向の高い人ほど、「体にいいもの」を食べようとしますが、そういう人の中には「腸について無知」なあまり、重大な点を見逃しているケースも少なくないのです。

本記事では、そんな「『体にいいもの』ばかり食べたがる人が陥りがちな盲点」を紹介します。

次ページ1つ目の「盲点」は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT