持病抱えた人は今、通院にどれだけ慎重なのか

緊急アンケートでわかった患者の受診意思

緊急事態宣言下、通院を控える患者はどれぐらいいるのか(写真:freeangle/PIXTA)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けて政府は二度目の緊急事態宣言の発令に踏み切った。対象地域は当初、1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)にとどめていたが、関西(大阪・京都・兵庫)・中部(愛知・岐阜)のほか、福岡や栃木にも広げ、11都府県に拡大した。

これを受けて、人が一生涯の健康・医療情報を自ら管理できるPHR(パーソナルヘルスレコード)システム「カルテコ」を開発・提供するメディカル・データ・ビジョンでは、患者1000人にアンケートを実施した。この患者アンケートは同宣言が1都3県に発令された1月7日から12日までの6日間にわたり、ウェブを通じて聞いた。1240人から回答を得た。

緊急事態宣言後も「予定通り受診する」が93%

このアンケートを実施したのは、昨年4月に発令された前回の緊急事態宣言では、新型コロナ感染を恐れて医療機関への受診を控える患者が少なくなかったからだ。今回は患者の受療行動の変化を調べた。その結果、「病院が感染防止対策を徹底しているので不安はない」などとして、9割超の患者が予定通り医療機関を受診する意向であることがわかった。

アンケートに回答した1240人のうち、「現在、通院していない」と答えた391人を除いた849人に、今年1月7日の同宣言発令後の医療機関の受診をどうするかと聞いたところ、「予定通り受診する」が93.64%、「医療機関(医師など)に相談して受診を延期してもらう」が4.83%、「受診を取りやめる」 が1.53%だった。

新型コロナに対応するため病院は昨年以来、感染防止対策を強化している。来院者にマスク着用、手指消毒をお願いし、病院の入口で通常の一般外来と、発熱者の動線を分けるなどの工夫もしている。診察の順番を待つためのロビーのソファーでは、患者同士が等間隔を保てるようにしたり、院内の随所に飛沫感染シートを張り巡らせたり、パーテーションを設置したりしている。

次ページ病院の感染防止対策の徹底を信用
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT