持病抱えた人は今、通院にどれだけ慎重なのか

緊急アンケートでわかった患者の受診意思

外来患者数はどれぐらい減ったか

外来患者数(外来延べ患者数=患者1人がひと月に初診、再診、検査と3回受診した場合、3回とカウントされる)は前年同月に比べ4月が18.3%減、5月が24.7%減、それ以降の7月、8月になると、それぞれの減少幅は11.4%と12.2%となった。

画像をクリックすると、長期戦の様相を呈してきたコロナ禍の今を追う記事一覧にジャンプします

医療機関は、第1波にあたる昨年4月の緊急事態宣言時、患者の安全に配慮し、治療を先延ばしにするなどの措置を講じた。同宣言解除後、一定の期間をおいて患者が受診したため、昨年7月以降の受診患者数の推移については、同宣言の時期に患者が減少した反動があったなどと推測できる。

一方、年明けから現在も感染拡大の傾向は続いており、入院患者を含む受診患者の動向は安定しているといえず、医療機関にとって楽観できない状況が続いている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT