持病抱えた人は今、通院にどれだけ慎重なのか

緊急アンケートでわかった患者の受診意思

外来患者数はどれぐらい減ったか

外来患者数(外来延べ患者数=患者1人がひと月に初診、再診、検査と3回受診した場合、3回とカウントされる)は前年同月に比べ4月が18.3%減、5月が24.7%減、それ以降の7月、8月になると、それぞれの減少幅は11.4%と12.2%となった。

画像をクリックすると、長期戦の様相を呈してきたコロナ禍の今を追う記事一覧にジャンプします

医療機関は、第1波にあたる昨年4月の緊急事態宣言時、患者の安全に配慮し、治療を先延ばしにするなどの措置を講じた。同宣言解除後、一定の期間をおいて患者が受診したため、昨年7月以降の受診患者数の推移については、同宣言の時期に患者が減少した反動があったなどと推測できる。

一方、年明けから現在も感染拡大の傾向は続いており、入院患者を含む受診患者の動向は安定しているといえず、医療機関にとって楽観できない状況が続いている。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT