洗いすぎは逆効果?夏場のスキンケア5箇条!

日差しに発汗、夏は皮膚に辛い季節

シャワーは2日に1回まで

では、肝心のバリア機能を守るための入浴法はどうすればよいのか。汗をさっと流すといっても、せっけんを使ったほうがサッパリとした感じは得やすい。

「せっけんには界面活性剤といって、皮脂や角質細胞間脂質、天然保湿因子も溶かしてしまう成分が入っています。長湯や温泉の成分も、皮脂を溶かします。お風呂上がりにカサカサした皮膚の状態は、バリア機能がダメージを受けている証しともいえるのです。そのため、夏場の皮膚トラブルを避ける基本は、シャワーで汗をサッと流し落とす程度といえます。女性の場合は、お化粧や日焼け止めを落とすために、入念に洗顔する人がいますが、クレンジングも皮脂にダメージを与えます。肌の乾燥などのトラブルがある方は、なるべく皮脂を残すような洗顔を心掛けましょう」

こう話す池田医師による皮膚を守る入浴法・洗顔法は次のとおり。

1夏場のシャワーは1日1回まで。肌がカサカサしているときには2日に1回まで。
2せっけんを使ってもよいのは、わきの下や陰部、頭髪のみ。皮脂の分泌が多いためにニキビなどができやすい部位も、せっけんを用いて素手で洗う。
3化粧を落とすときは、脱脂作用の強いオイルタイプのクレンジングではなく、クリームタイプのクレンジングを選ぶ。日焼け止め剤は、吸収剤フリーの製品を選ぶと、洗い残しがあっても肌へのダメージは少ない。
4タオルでのこすり洗いは決してしない。
5入浴後は、乾いたタオルでやさしく肌の表面の水分を拭き取る。きちんと乾かすと、水虫予防にもつながる。

 「どうしてもかゆくてかいてしまいたくなる部分は、保冷剤やぬれタオルでちょっと冷やしてみてください。また、炎症がひどいようならば、皮膚科の専門医を受診しましょう。皮膚トラブルを悪化させないためにも、皮膚のバリア機能を守ることの大切さを知っていただきたいと思います」と池田医師は話す。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。