インド人スタッフと雇用契約を結ぶ際の注意点とは?


--なるほど。「ルール違反ギリギリの文化」を身近に感じた事はありましたか。

インド企業との契約で首をかしげるようなことがありました。

先方がメールで送ってきた契約書の内容をチェックしていると、合意していた事項と異なる内容になっているのです。日付や金額という基本的な数字から間違っていました。「うっかりミス」と受け取れなくもないのですが、たったA4紙2枚ほどの内容です。

そして、いずれもその間違いが先方にとって有利な間違え方でした。確信犯ともとれなくもないわけです。指摘すると、先方からは「間違えました。申し訳ない」との言葉とともに訂正した契約書が送られてきました。言い訳が多いインド人から「ソーリー」が聞けただけよかった、気づいただけよかった、と思うほかありません。

その会社は現地では業界大手で、国営企業とも取引のあるまともな会社です。しかし、こういうことが起きるのは珍しくありません。その企業は、いろいろ柔軟な対応をしてくれ、いい面もあるので評価が難しいのです。

「やっぱりいい会社だな」と思い、その企業と2回目の取引をしました。なんと、またしても金額を間違えてきました(笑)。そこでまた「これは確信犯なのか、ミスなのか」と頭を抱えてしまうのです。

インドは契約社会なのです。それを最大限に利用しようとしてくるんです。契約書に有利なことを載せられれば、勝ちなんです。もちろんすべてのインド人がそうだということではありませんが。

■グレーゾーンを上手に利用

--うーん、契約書の日付、金額が違っていたら、さすがに怖くなりますね。

たとえば、私も何度か遭遇しましたが、インドの屋台や個人商店で売っているPETボトルの水は、しばしば拾ってきた空のボトルに水道水を詰めたものだったりします。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。