『ハート・ロッカー』--次の経済成長エンジンは中東か 《宿輪純一のシネマ経済学》


 『ハート・ロッカー』(The Hurt Locker)は、第82回(2010年)のアカデミー賞で、作品賞、監督賞をはじめとして、オリジナル脚本賞、編集賞、音響編集賞、音響調整賞の6部門で受賞した秀作。イラク戦争を描いた映画が不人気だったこともあり、アメリカでも当初は、日本の現状と同様に公開映画館が少なかった。

ちなみに、筆者の周りでも「Heart Rocker」という風に、“魂のロックンロール”の映画と勘違いしている人もいた(ひどすぎる)が、そうではない。Hurt Lockerとは、Hurtは「苦痛」(名詞)で、アメリカ軍の隠語で「苦痛の極限地帯」、もっと進んで「棺桶」という意味だという。確かに、まさにそのような心理的に苦痛な状況が続く。

監督のキャスリン・ビグローは女性。意外なことに、女性のアカデミー賞監督賞受賞は初めて。彼女は『ハートブルー』『K-19』など、非日常の空間における男の世界を描くのがうまい。また、『アバター』のジェームズ・キャメロンの3番目の奥さんだった。そんなことで、今年のアカデミー賞は「元夫婦対決」など話題も多かった。

2004年、イラク・バクダッドの爆弾処理班に、主人公のウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が着任し、切れたような命知らずの活躍をする。当然、仲間との友情と確執があるが、何といっても、いつ吹っ飛ぶかもしれないという、爆弾処理の緊迫感に引き込まれる。見ている側も、爆弾処理をしている感じがしてきて、主人公の息遣いまで聞こえるようである。このドキドキ感がたまらない。

しかも、政治的な色彩が驚くほど消されており、淡々と描かれている点も、その緊迫感に引き込まれていく。基本的には、戦争映画では“殺す”方向が多い中、“助ける”方向でもあり、救われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT