『ハート・ロッカー』--次の経済成長エンジンは中東か 《宿輪純一のシネマ経済学》


 『ハート・ロッカー』(The Hurt Locker)は、第82回(2010年)のアカデミー賞で、作品賞、監督賞をはじめとして、オリジナル脚本賞、編集賞、音響編集賞、音響調整賞の6部門で受賞した秀作。イラク戦争を描いた映画が不人気だったこともあり、アメリカでも当初は、日本の現状と同様に公開映画館が少なかった。

ちなみに、筆者の周りでも「Heart Rocker」という風に、“魂のロックンロール”の映画と勘違いしている人もいた(ひどすぎる)が、そうではない。Hurt Lockerとは、Hurtは「苦痛」(名詞)で、アメリカ軍の隠語で「苦痛の極限地帯」、もっと進んで「棺桶」という意味だという。確かに、まさにそのような心理的に苦痛な状況が続く。

監督のキャスリン・ビグローは女性。意外なことに、女性のアカデミー賞監督賞受賞は初めて。彼女は『ハートブルー』『K-19』など、非日常の空間における男の世界を描くのがうまい。また、『アバター』のジェームズ・キャメロンの3番目の奥さんだった。そんなことで、今年のアカデミー賞は「元夫婦対決」など話題も多かった。

2004年、イラク・バクダッドの爆弾処理班に、主人公のウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が着任し、切れたような命知らずの活躍をする。当然、仲間との友情と確執があるが、何といっても、いつ吹っ飛ぶかもしれないという、爆弾処理の緊迫感に引き込まれる。見ている側も、爆弾処理をしている感じがしてきて、主人公の息遣いまで聞こえるようである。このドキドキ感がたまらない。

しかも、政治的な色彩が驚くほど消されており、淡々と描かれている点も、その緊迫感に引き込まれていく。基本的には、戦争映画では“殺す”方向が多い中、“助ける”方向でもあり、救われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT