「中学受験」コロナ禍で慌てる親が今すべきこと

教育ジャーナリストおおたとしまさ氏が語る

おおたとしまささん(写真:講演会映像より)
いよいよ首都圏入試の本番が近づいてきた。コロナ禍の中学受験、親はどんなことに気をつけたらよいのだろうか。『中学受験生に伝えたい 勉強よりも大切な100の言葉:「二月の勝者」×おおたとしまさ』を出版した教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏の講演会の模様をまとめる。

 

当初は、コロナが中学入試そのものに与える影響もあるのではとの心配がありました。例えば、オンライン入試があるのかということですが、結論から言うと、東京・神奈川ではオンライン入試はありません。

もう一つ心配されたのが、もし入試日に発熱があったらどうしようかということですが、発熱即退場とならないよう各校が対策を考えてくれているところなので、こちらもさほど心配はいらないと思います。例えば、開成中学などは、もしコロナで受験ができない場合には、追加で試験を行うことも発表しています。

今後の感染状況により、非常に流動的に情報が変わると思うので、受験する学校のホームページなどは常にチェックし、情報をおさえていただきたいと思います。

テスト直前期 親は演技派でいこう

中学受験漫画『二月の勝者』の中で、主人公が発した言葉にこんな言葉がありました。

「女優になってください」

試験直前期のお子さんは不安な気持ちでいっぱいです。加えて、今年はコロナ禍、普段とは違う状況ですから、不安な気持ちはさらに強いかもしれません。しかし、中学受験の本番までにやらなくてはならない事に大きな違いはありません。

コロナの流行がこの先どうなるのか、それは誰にもわかりませんし、親がどんなに頑張っても、コントロールできることでもありません。「ああなったらどうしよう」「こうなったらどうしよう」と、親が不安に思っていると、その気持ちは子どもにも伝染してしまいます。不安を悟られないように、でんと構えているような、肝っ玉母さんの顔をしていただきたいのです。これが「女優になる」ということです。

親御さんの役目は「大丈夫だよ」と、笑顔で語りかけることです。こうしてお子さんの不安を和らげてあげましょう。

次ページ 来年度以降の受験生は…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT