角川が仕掛けるラーメン店に行列ができるワケ

月替わりで有名店が本気でラーメン試作に挑む

「いわゆる『フードテック』(食の可能性を広げる先端技術)です。ここでは、これまで自分たちがしたくてもできなかったことができる。だから、ラーメンの歴史を変えたい、という店主の方々が集まってくれたんです」(福田氏)

ラーメンをつくる方、楽しむ方、双方に最良の環境を整えた、夢のような場所が同店なのだ。

なぜ場所が「所沢」なのか

ただ、ここで1つの疑問がある。なぜ場所が所沢市なのであろうか。それも、最近再開発が進んでいる西武線所沢駅周辺でなく、JRの東所沢を最寄り駅とする住宅地の中である。

それには福田氏の「シリコンバレー構想」とも言うべき、壮大な話がからんでくる。

「アップルやグーグルのキャンパスだってへんぴなところだけど、ITの本拠地で憧れの場所。誰も『田舎』なんて言いませんね。目指すのはそういう場所なんです」(福田氏)

角川アスキー総合研究所代表取締役会長兼CEOの福田正氏。コンピューター・サイエンスが専門で、食品メーカーを経て、2002年より角川デジックス代表取締役専務、2003年より社長を務め、2019年から現職。早期からIT事業に積極的に乗り出していたKADOKAWAにおいて専門知識で尽力するとともに、「角川ラーメンWalkerプロジェクト」の責任者も務める。右は福田氏がデザインにこだわって作った、ラーメン店主の顔出しパネル(撮影:梅谷秀司)

と福田氏が話すのは、アスキー総合研究所、KADOKAWAがオープンしたポップカルチャー発信拠点「ところざわサクラタウン」についてだ。KADOKAWAの新オフィス、書籍製造・物流工場のほか、イベントスペース、体験型ホテル、ショップ、レストランなどを備えるほか、角川文化振興財団運営の「角川武蔵野ミュージアム」も設置した。なんとクリエイターに御利益があるという神社まで建てられている。

地所は旧所沢浄化センター跡地。所沢市との共同で進める「COOL JAPAN FOREST 構想」の中心地となる。

ラーメンWalkerキッチンはその一施設だが、位置づけは単なる飲食店ではない。日本が誇るコンテンツとしてのラーメン文化発信拠点だ。ラーメンとポップカルチャーの関係は深い。藤子不二雄作品に登場する「小池さん」から始まり、近年では「君の名は。」の高山ラーメンなど、ラーメンが登場する作品は多い。

ラーメンとはもともとは安くてもおいしく、手軽に食べられる料理。お金がなくて苦労する漫画家やクリエイターにとって特別な意味があるものなのかもしれない。

敷地面積からいっても約4万㎡と非常に広大な同施設、国内のポップカルチャーファンはもちろんだが、ターゲットとして期待していたのがインバウンド。グループ内の旅行会社クールジャパントラベルや、アニメツーリズム協会とも連携して、空港からのシャトルバスを運行させる予定だった。

しかし例にもれず、コロナの影響で想定とは大きく違ってしまった。シリコンバレーのオフィスのようにオープンでおしゃれなKADOKAWAのオフィスも、飯田橋にある自社ビルから2000人の社員がこちらに大移動してきたものの、今はリモートワークで人影わずか。

しかし、開業後ラーメンWalkerキッチンに貼りついて様子を見ていたという福田氏によると「期待以上にいい」という。スーパーバイザー店主がスペシャルコラボラーメンを提供したオープニングイベント期間は、3時間半待ちの列ができた日もある。

次ページラーメンに見る無限の可能性
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT