角川が仕掛けるラーメン店に行列ができるワケ

月替わりで有名店が本気でラーメン試作に挑む

2020年11月6日にオープンした「ラーメンWalkerキッチン」。席数25の小さな店舗だが、ラーメンと日本の未来につながる可能性に満ちている(撮影:梅谷秀司)

日本の国民食、ラーメン。各地にご当地ラーメンがあったり、さまざまなインスタントラーメンが進化したり、毎食違う店を食べ歩くラーメン好きがいたりと、日本のラーメン文化は異常な発達を見せている。

人気店、有名店が海外進出してからはラーメン熱がグローバルに飛び火。日本食ではなく、ラーメンの食べ歩き目的で日本を訪れるインバウンドも増えていた。

そんな日本のラーメン文化の発展を後押ししたのがメディア。毎日のように行われるテレビや雑誌での紹介、読者投票やグランプリなどにより、今のラーメン業界の活況がつくられてきたのだ。

今回は、そのラーメン・メディアの仕掛け人が満を持してオープンした1つのラーメン店を紹介する。

2020年11月6日、所沢市にオープンした「ラーメンWalkerキッチン」がそれだ。

ラーメンの未来をつくるラーメン店

ラーメン好きならすぐにピンとくるだろうが、2010年より全国各エリアで発行されている、ラーメン専門誌の名称を冠している。同誌はテレビ番組やウェブとも連動、総掲載数2万店を超えるラーメン・メディアとなっている。

そのことから、全国のご当地ラーメンが味わえる店なのではと推測させるが、決して、全国の人気ラーメン店を並べた博物館のような場所ではない。

むしろ、ラーメンの未来をつくるラーメン店なのである。

同店では、全国の有名店がおよそ1カ月程度の期間で次々と登場。各店がコラボ出店したオープニングウイークを皮切りに、2020年12月28日までは「麵や 七彩」、2021年1月が「真鯛ラーメン 麵魚」、2月が「我武者羅」といった予定となっている。

大きな特徴が、本店で提供していない新しいラーメンが登場すること。店主自身が「スーパーバイザー」となり腕をふるう、異なる味つけや素材、他の店主とのコラボなどによる限定ラーメンだ。

次ページラーメンを主役とする豪華設備
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT