まだまだ現役「205系」、国鉄末期の画期的通勤車

かつては山手線や埼京線など首都圏でも大活躍

JR西日本が奈良線で運用する205系。4扉ロングシートで混雑時に力を発揮する(筆者撮影)
この記事の画像を見る(21枚)

2020年、首都圏を中心に鉄道ファンの間で205系電車が話題となった。というのも、大所帯だった武蔵野線の“一族”が、209系やE231系の進出によって引退。その最後の姿を、多くのファンが見送ったのだ。

このシリーズの記事一覧はこちら

205系は、国鉄末期の1985年に登場した車両である。この頃、国鉄では首都圏を走る各路線の輸送力増強を計画しており、そのために必要な車両は山手線に新型車両を投入して捻出することになった。だが、最有力候補である201系は省エネ効果が高い一方で製造コストも高かったことから、これに代わる通勤型車両として205系が開発された。

ステンレスの洗練された外観

その最大の特徴は、ステンレス製の車体だ。すでに、首都圏の大手私鉄ではステンレス車両が次々に導入されていたものの、国鉄で本格的に導入されたのはこの205系が初めてである。ステンレスはさびにくいため、鋼鉄製車体のようにさびる分を見越して部材を厚くする必要がなく、大幅な軽量化が可能となる。

また、さびないということは塗装によって表面を保護する必要もなくなり、塗料分の重さに加えて塗装作業の手間もカットできる。銀色に輝く側面は戸袋窓がなくなり、量産車では客窓を2段式から横部材がない1段式としたことも相まって、かなり洗練された外観となった。

次ページ山手線でデビューした205系
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT