京急のレア車両、元祖「幸せの黄色電車」に潜入

トラックのような荷台を備えた「電動貨車」

京急が所有する電動貨車デト11・12形。「幸せの黄色い電車」と呼ばれる(筆者撮影)

「黄色い電車を見ると幸せになれる」という“伝説”がある。

最もよく知られているのは、東海道・山陽新幹線を走る「ドクターイエロー」だろう。白地に青帯の車両が行き交うなか、黄色が目を引くドクターイエローは、乗客を運ぶのではなく、新幹線の線路や架線、信号設備などをチェックすることが目的である。そのため、視認性が高く注意を促す黄色に塗られている。道路の維持管理を行う自動車が、黄色に白帯を巻いているのと同じ理由だ。

京急にある「黄色い電車」

ほかにも、設備の検査測定やメンテナンスに携わる車両(乗客を運ぶ営業用車両に対し、事業用車両と呼ばれる)に、ドクターイエローのような黄色ベースの塗装を施す会社は多い。こうした車両は、定期的に毎日動いているわけではなく、いわば“神出鬼没”。走っているシーンを見かけること自体がレアであるゆえ、冒頭のような伝説が生まれたのだろう。

首都圏の大手私鉄、京浜急行電鉄(京急)も、黄色い事業用車両を持つ会社の1つだ。そして、同社の事業用車両は、他社とは少し違う使われ方をしている。

10月のとある日、横浜市神奈川区の神奈川新町駅近くにある新町検車区を訪れると、そこには「デト11・12形」(以下「デト11形」)と呼ばれる事業用車両がいた。デは電動、トは無がい車(トラックのト)を意味するという。全体が黄色く塗られ、中央部に京急のシンボルカラーでもある赤い帯が巻かれている。

次ページデト11形は1988年に登場した
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT