JR西ベテラン社員が明かす「新快速」運転のコツ

どっしり安定感ある117系、加速がよい223系

JR西日本明石電車区に勤務する運転士の後藤武夫さんと223系「新快速」(筆者撮影)

2020年10月1日、JR西日本が京阪神地区で運行している「新快速」が50周年を迎える。当初は国鉄113系で運行されていたが、1979年には117系が登場。現在は最新鋭の225系と223系がその任に当たっている。

技術の進歩とともに、新快速の車両も大きく変わった。そして、そんな車両たちを大勢の運転士が操り、新快速の運行を支えてきた。現在、明石電車区に勤務する後藤武夫さんもその1人だ。

父親も鉄道マンだった

後藤さんと新快速の最初の思い出は、高校生のころ。運転免許を取得するため、姫路から明石まで乗車したという。

「そのころはまだ117系がデビューする前で、153系という元急行用の車両が使われていました。『ブルーライナー』と呼ばれる、グレーに青帯が入った車両でしたね」

後藤さんが鉄道マンになったのは、1981年のこと。最初に配属されたのは姫路第一機関区で、機関車の入れ換え作業などが任務だった。

「私の親父も、姫路第一機関区で機関士として働いていました。親父が運転する機関車の先頭に乗って、入れ換えをしたこともあります」

1年後、網干電車区に移動して車両のメンテナンスを担当し、1986年に念願の運転士となる。主な担当エリアは、東海道・山陽本線の大阪―岡山間。新人もベテランも関係なく、普通電車から新快速まで乗務したそうだ。

次ページ乗客も運転士も快適な117系
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT