トーク番組から「ワクワク感」が消えた納得理由

「炎上」が及ぼす芸能タレントへの深刻な悪影響

①このテーマは、コメンテーターが得意なジャンルであるかどうか
②このテーマは、何が飛び出すかわからないワクワクがあるかどうか
③このテーマは、コメンテーターが過去にも話していて盛り上がった“実績”があるかどうか

筆者が重視してきたのは①と②である。③は無視するわけではないが、あくまでも過去は過去でその時々の嗜好が大切だと考えている。加えて「一度話したことは余程のことがない限り、さほど夢中になって話さない」という経験に基づいた持論もある。ドキュメンタリー要素を標榜とするなら、そうすべきは必然だろう。

しかし、昨今のディレクターや構成作家の多くは、筆者の見る限り、①と③を基準にテーマを選ぶ傾向にある。彼らが有用するのやはりスマートフォンであり、念頭にあるのは「炎上させたくない」という責任感だけかもしれない。

「スマホの検索結果」だけを頼ったディレクター

以前こんなことがあった。

昨年3月に、妻、樹木希林の後を追うように、ロック歌手の内田裕也が他界したときのことである。

筆者には「この文化人コメンテーターが、永遠のロッカーと何かしら関係があるのでは……いや、なくても、コメンテーターの口から彼の人生を総括してほしい」という想いがあった。何か面白そうなエピソードが聞けそうな気もした。視聴者も「内田裕也の死」とこの文化人の意外なコラボレーションには、いささかなりとも関心を抱くのでは。──根拠はなかったが、長年の経験からこういう予感は大概当たる。そこでこの訃報をトークテーマに入れようと提案した。

しかし、「いやあ、特にこれといった関係もないみたいですし」と30代の担当ディレクターはスマホの検索結果だけを述べ、「どうせ興味もないでしょう」と、にべもなく却下した。

翌日のことである。別のラジオ番組に出演していたそのコメンテーターが、内田裕也との想い出を意外な挿話を含めて語っていた。それも涙ながらにである。さらに、そのコメントはヤフーニュースにもなっていた。

これまでのテレビ業界なら嫌でも「ワクワク」を働かせる必要性に駆られてはきたが、今やその用途はさほど必要とされず、ひたすら波風を立たせないことが急務となるという、テレビの現場の限界である。結果、スマホの検索エンジンにだけ依存され、似たようなテーマばかりが、幾度となく繰り返され、聞いたような話ばかりが垂れ流されることになる。

もちろんこれも、それぞれの才能に起因する個人差のあることに違いないが、作り手の視野狭窄は放送業界に横臥する深刻な問題である。これがトーク番組の制作現場の現状と言っていい。

本来、トーク番組が有していたドキュメンタリー要素が、YouTubeにその座を譲るようになって久しい。それが時代の趨勢であり、必然ですらあるとするなら、テレビのトーク番組はもはや、その役割を終えたと言っていいのかもしれない。                

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT